RESULT

【メモリアル・マルコ・パンターニ】好調なティッツァがサバイバルレースでトップ10入り

2018年09月23日

2004年にこの世を去ったイタリアの英雄、マルコ・パンターニを偲び、2004年から彼の故郷であるチェゼナティコをフィニッシュ地点として開催されているワンディレース「メモリアル・マルコ・パンターニ(UCI1.1)」。1週間後に開催を控えるロード世界選手権に向けて、ナイーロ・キンタナ(モビスター)やヴィンツェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ)など、世界のトップ選手がスタートリストに名前を連ねました。

今年のコースは、高低差300mほどを駆け上がるモンテヴェッキオを含む周回コースを3周回したあと、海沿いのチェゼナティコの小さな周回コースを4周回する199.8km。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、一昨日のレースでフアンホセ・ロバトが優勝、マルコ・カノラが4位、マルコ・ティッツァが11位と好成績を残しており、勢いをつけての参戦となりました。

スタート後に5名の逃げが決まり、集団はバーレーン・メリダらがコントロール。最大で6分のタイム差を集団から奪いましたが、2回目のモンテヴェッキオの登坂区間で早くもキンタナがアタックを仕掛け、マルコ・ティッツァを含む4選手が追走し、一時、5名の強力な集団が形成されましたが、この動きを警戒するメイン集団により吸収。そして序盤より逃げていた選手たちもメイン集団へと戻りました。

3回目のモンテヴェッキオでは、再び集団は活性化し、今度はニーバリ、キンタナ、ドメニコ・ポッツォヴィーボ(バーレーン・メリダ)、そしてティッツァ、サンタロミータを含む18名の大きな先頭集団が作られ、これがレースを決める決定的な動きとなりました。

脚の揃った有力選手で構成された先頭集団は、後続を寄せ付けず、残り3kmではニーバリがアタック。しかし、これは成功せず、18名での集団ゴールスプリントの展開となり、ダビデ・バッレリーニ(アンドローニ)が優勝。ティッツァが9位、サンタロミータが12位に続きました。

3分46秒遅れでメイン集団がゴールとなり、カノラが先頭の19位でフィニッシュ。初山翔は終盤に遅れDNF、完走者はわずか55名でした。


結果

1 BALLERINI Davide Androni Giocattoli – Sidermec 5:03:07
2 GAUDU DavidGroupama – FDJ
3 GAVAZZI Francesco Androni Giocattoli – Sidermec
9 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
12 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
19 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:46
DNF PONZI SimoneNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF LOBATO Juan JoséNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF BAGIOLI NicolaNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini


初山翔のコメント
世界選手権を意識して例年以上にコースが厳しくなった今年は、
コースだけでなくエントリーリストも豪華になった。
大人数の逃げには注意するように言われるも、TVに映るための逃げはいらないと言われる。
つまり自身の成績を求められた。
指示どおり大した仕事もせずに自分の走りに集中するも、
レース終盤に遅れてリタイヤとなった。
調子自体は悪くないが、まだレース強度が足りないと感じる。
連戦の後半には修正して臨みたい。


今後のレーススケジュール(予定)
9月17日〜23日 Tour of China II 中国 アジアツアー2.1
9月22日 Memorial Marco Pantani イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月23日 Trofeo Matteotti イタリア ヨーロッパツアー1.1
10月6日〜13日 Tour of Taihu Lake 中国 アジアツアー2.1
10月6日 Giro dell’Emilia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月7日 Gran Premio Bruno Beghelli イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月9日 Tre Valli Varesine イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月10日 Milano-Torino イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月13日 Il Lombardia イタリア 1.ワールドツアー

RESULT

【ツアー・オブ・チャイナ2/第4ステージ】21kmの個人タイムトライアル

2018年09月23日

長いレースも移動日を経ていよいよクライマックスへと突入、残すところあと2ステージとなりました。9月22日に開催された第4ステージは、21.3kmの個人タイムトライアル。今大会2回目となるタイムトライアルですが、6.9kmのプロローグに比べ距離も長く、1kmにわたる緩やかな登坂区間も含まれたコース設定でした。

113名の選手が1分おきにスタート。レース前は大雨に見舞われましたが、レースがスタートする頃には雨は上がり、終盤になると太陽が出て路面は完全に乾きました。チーム内第一走者の内間を除き、選手たちはコースを下見してからのスタートとなりました。

チームの最高位は高いモチベーションをもって挑んだアラン・マランゴーニの18位。優勝したのはロシアのタイムトライアルチャンピオンのOVECHKIN Artem(トレンガヌサイクリングチーム)という結果でした。

リザルト
第4ステージ
1  OVECHKIN Artem  Terengganu Cycling Team  45.834km/h  27:53
2  MARQUE Alejandro  Manuel Sporting Clube de Portugal/Tavira  45.834km/h
3  SPREAFICO Matteo  Androni Giocattoli – Sidermec  45.373km/h  +0:17
18  MARANGONI Alan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  44.324km/h  +0:57
44  CIMA Damiano  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  43.030km/h  +1:49
68  ITO Masakazu  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  41.697km/h  +2:46
75  NISHIMURA Hiroki  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  41.494km/h  +2:55
77  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  41.382km/h  +3:00
89  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  40.874km/h  +3:23

個人総合成績
1 MARQUE Alejandro Manuel  Sporting Clube de Portugal/Tavira  7:45:15
2 OVECHKIN Artem Terengganu Cycling Team
3 GIACOPPO Anthony  Bennelong SwissWellness Cycling Team  +0:04
22  MARANGONI Alan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +1:23
38  CIMA Damiano  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +2:06
66  ITO Masakazu  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +3:35
74  NISHIMURA Hiroki  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +3:58
88  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +5:05
102  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +6:37

出場選手
吉田隼人
内間康平
伊藤雅和
西村大輝
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一


吉田隼人のコメント
体調を一度崩してしまったので心配だったが、明日へ繋ぐことができたので、
明日も全開でスプリントし、しっかりとした結果を報告したい。


内間康平のコメント
スタートして暫くした時、今日は攻めきるのは難しい、
明日の最終ステージに全ての力を出せるのが最善の方法だと考え、切り替えて走った。
いよいよ最終日。 必ずチームでステージ優勝出来るよう最後の力を振り絞ってゴールしたい。



伊藤雅和のコメント
今日は今後のレースに向けての練習だと思って転ばないことを第一に、
コーナーは所々濡れていたのでゆっくり走ったがあとはしっかり踏んだ。
今は状態が良くないので結果は悪かったけど、しっかり今できる負荷で走った。
明日は最終日。スプリントになると思われるのでしっかりチームを助けていきたい。



西村大輝のコメント
第4ステージの個人タイムトライアルを終えた。
タイム差を見ても独走力をもっと付けなくてならないと強く感じる。
自分の克服すべき課題の一つとして今後改善していきたい。
明日は最終日となる。
チームから与えられた役割を果たせるように全身全霊をかけて走ろうと思う。

レース情報
Tour of China 1 & 2
開催期間/
China1 2018年9月8日(土曜日)〜15日(土曜日)
China2 2018年9月17日(月曜日)〜23日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国

●ツアー・オブ・チャイナ1
9月8日 第1ステージ JINTANG・HUAIZHOU 83km
9月9日 第2ステージ PINGCHANG 140.6km
9月10日 第3ステージ BAZHONG・ENYANG 158km
9月11日 第4ステージ CHONGQING LIANGPING 84.6km
9月12日 第5ステージ YICHNG ZHIJIANG 127.4km
9月13日 第6ステージ QIANJIANG 113km
9月14日 移動日(600km)
9月15日 第7ステージ XINNING LANGSHAN 107.2km

●ツアー・オブ・チャイナ2
9月17日 プロローグ XINNING LANGSHAN 6.9km(個人TT)
9月18日 第1ステージ YONGZHOU NINGYUAN 99.4km
9月19日 第2ステージ QINGYUAN FOGANG 128.4km
9月20日 第3ステージ ZHUHAI HENGQIN 92km
9月21日 移動日(1150km)
9月22日 第4ステージ ANSHUN 21.3km(個人TT)
9月23日 第5ステージ ANSHUN 127.8km

今後のレーススケジュール(予定)
9月17日〜23日 Tour of China II 中国 アジアツアー2.1
9月22日 Memorial Marco Pantani イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月23日 Trofeo Matteotti イタリア ヨーロッパツアー1.1
10月6日〜13日 Tour of Taihu Lake 中国 アジアツアー2.1
10月6日 Giro dell’Emilia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月7日 Gran Premio Bruno Beghelli イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月9日 Tre Valli Varesine イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月10日 Milano-Torino イタリア ヨーロッパツアー1.HC
10月13日 Il Lombardia イタリア 1.ワールドツアー