OTHER

【10月21日・日曜日】ジャパンカップアフターパーティin宇都宮、開催決定!

2018年10月08日

10月21日に栃木県宇都宮市で開催されるジャパンカップサイクルロードレース終了後に、今年も自転車プロロードレースチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ」と、応援していただいているファンの皆様との交流を目的としたディナーパーティを開催します。ジャパンカップを走り終えた選手、スタッフたちが参加し、立食形式でのパーティとなります。チーム主催のアットホームな雰囲気のなか、選手やスタッフたちとの距離が近いのが特徴です。

お申し込み、詳細はこちらのサイトから!!!
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010y78zvmvsc.html
宇都宮で話題のサイクルカフェ「Velo Cafe」での開催となります。お洒落な雰囲気&美味しいフードやドルチェが楽しめます。場所はプレゼンテーションが開催されるオリオンスクエアのすぐ裏手、東武宇都宮駅の近くです。

毎回ご好評いただいている「ヴィーニファンティーニ」等、イタリアのファルネーゼヴィーニ社が取り扱う厳選されたイタリアンワインの試飲も実施。国内インポーター稲葉様にご協力いただき、各種ワインのご説明や皆様のお好みに合ったワインをご提案させていただきます。
また今回は、他のパーティやお仲間とのディナーのあとからでも参加できるレイトプランも設定。20時半以降のご来場で、選手との交流はもちろん、ワインの試飲+ドルチェ、スナック、抽選会、お土産ワイン(※クネゴの限定ワインではありません!)の特典付きです。
暫定参加メンバー :: ジャパンカップ出場選手(以下参照)、フランチェスコ・ペロージGM、ヴァレリオ・テバルディ監督、日本人・イタリア人チームスタッフ。※変更になる可能性もあります。ご了承ください。
ジャパンカップ暫定出場選手(補欠込みABC順、このなかの6名が参加します)
ニコラ・バジョーリ
マルコ・カノラ
初山翔
伊藤雅和
中根英登
イヴァン・サンタロミータ
マルコ・ティッツァ
フィリッポ・ザッカンティ

特典1 「ファンティーニ」ブランド、またファルネーゼヴィーニ社が取り扱う厳選されたイタリアンワインの試飲ができます(10〜15種類ほどを予定。赤と白、発泡酒も多数ご用意します)。※お飲物はフリードリンク制で、ソフトドリンクも各種ご用意しています。

特典2 チームグッズの抽選会を予定。非売品のチームグッズや、過去のウェア、チームアイテムなどドドーンと大奮発して参加者の皆さまにプレゼントとして用意します。全員に当たります。

特典3 お申し込み先着35名にクネゴ引退を記念した「スペシャルワイン」、参加者全員に「ヴィーニファンティーニ」のワインを1本ずつプレゼント! 

++++++++++++++++++++++++++++++
イベント概要
日時 2018年 10月21日(日曜日) 19:30から22:00頃まで
    ※20:30からのレイトプランも有り(5000円)
場所 Velo Cafe  栃木県宇都宮市宮園町8-8
定員 50名
参加費 10,000円

    (お土産ワイン付き ※先着35名様は非売品のクネゴワイン)

お申し込み、詳細はこちらのサイトから!!!
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010y78zvmvsc.html

++++++++++++++++++++++++++++++
ご質問等ございましたら、お気軽にメールにてお問い合わせください。
皆様のご参加をお待ちしています!

RESULT

【GPブルーノ・ベゲッリ】スプリントでロバトが4位入賞、初山翔も第二集団で完走

2018年10月08日

ジロ・デッレミリアに引き続いて、イタリア中部エミリア=ロマーニャ州のボローニャ近郊で開催されたワンディレース「グランプレミオ・ブルーノ・ベゲッリ(UCI1.HC)」。来週末に開催を控えるシーズン最後の名門レース「イル・ロンバルディア」に向けて、多くのワールドツアーチームも参戦しました。

レースは序盤のフラットなライン区間を終えると13.3kmの周回コースへと入り、そこを10周回してフィニッシュする196km。周回コースには高低差約200mの登坂区間が組み込まれていました。

イスラエルサイクリングアカデミーのベン・ヘルマンスが単独で先行する展開で周回を重ねていきましたが、残り2周回で集団はヘルマンスを吸収。集団はハイペースでアタックの攻防が繰り返されていきます。残り5kmで15名ほどのやや先行していた先頭集団からバウク・モレマがアタック。モレマを追うようにしてニコラ・バジョーリを含む12名の先頭集団が形成され、勝利をかけてバジョーリも積極的に動きますが、決定的な動きとはならず、残り2kmで再びモレマがアタック。残り1km手前で集団内で落車が発生したことも影響して、モレマが単独での逃げ切りに成功。バジョーリの追走集団はメイン集団に吸収され、後ろは2位以下の集団ゴールスプリントとなり、好調なロバトが集団内3番手となる4位でフィニッシュしました。

最終周回までメイン集団内でレースを進めていた初山翔は最後の登坂区間で遅れ、トップから2分差の66位で完走。ヨーロッパ超級のワンディレースで奮闘しました。

リザルト
1  MOLLEMA Bauke  Trek – Segafredo   4:24:45
2  BARBERO Carlos  Movistar Team   +0:06
3  BELLETTI Manuel  Androni Giocattoli – Sidermec
4  LOBATO Juan José  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
11  CANOLA Marco  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
30  BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
45  PONZI Simone  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:34
66  HATSUYAMA Sho  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +2:00
DNF  GROSU Eduard Michael  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF  MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini

出場選手
初山翔
マルコ・カノラ(イタリア)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ


初山翔のコメント
1,7kmの登りを含む周回を10周。
登りの後の下りも集団がかなり伸びるために、集団前方に位置どりすることがとても重要になる。
当たり前だがペースは速い。 常に集団前方を保つように努力するが、
ペースが上がり始めたラスト4周回から少しづつ厳しくなり、
ラスト一周は後方に追いやられた。 最後まで前方を保つことができれば、
もっと余裕を持って最後の登りに入ることができたとわかってはいるが出来なかった。

今後のレーススケジュール(予定)
10月6日〜13日  Tour of Taihu Lake  中国  アジアツアー2.1
10月9日  Tre Valli Varesine  イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月10日  Milano-Torino  イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月11日 Gran Piemonte イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月13日  Il Lombardia  イタリア  1.ワールドツアー
10月13日  Oita Ikoinomichi Criterium  日本・大分  国際クリテリウム
10月14日  Oita Urban Classic  日本・大分  アジアツアー1.2
10月14日  Hammer Hong Kong 香港 アジアツアー1.1
10月20日  Japan Cup Criterium  日本・栃木  国際クリテリウム
10月21日  Japan Cup Cycle Road Race  日本・栃木  アジアツアー1.HC
10月23日〜31日  Tour of Hainan  中国  アジアツアー2.HC
11月11日  Tour de Okinawa  日本・沖縄  アジアツアー1.2

 

RESULT

【ジロ・デッレミリア】サンルーカの急坂を登る101回目の伝統レース

2018年10月08日

イタリアを代表する秋のクラシックレース、ジロ・デッレミリア(UCI1.HC)が10月6日に開催されました。イタリア中部のボローニャ近郊で開催されるワンディレースで、終盤に組み込まれる最大勾配20%とも言われるサンルーカの急坂を含む9.3km周回コースがレースの勝負所となります。

肌寒い雨のなか200kmのレースがスタートすると、ニコラ・バジョーリを含む8名の逃げが先行しました。しかし、タイム差は大きくは開かず、サンルーカの周回コースに入ると、集団との距離も縮まり、先頭集団は崩壊。バジョーリはメイン集団へと戻りました。レースは活性化し、マテイ・モホリッチ(バーレーン・メリダ)や、アレッサンドロ・デマルキ(BMCレーシングチーム)が積極的にレースをリード。最後はデマルキが5回目のサンルーカ山頂に設定されたフィニッシュラインに単独で先着。101回目の勝者に輝きました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、連続する厳しい登坂区間に苦戦を強いられ、イヴァン・サンタロミータの29位が最高位。初山翔を含め半数以上の選手がリタイアとなる厳しいレースになりました。

リザルト
1  DE MARCHI Alessandro  BMC Racing Team   5:09:35
2  URÁN Rigoberto  Team EF Education First-Drapac p/b Cannondale  +0:08
3  TEUNS Dylan  BMC Racing Team  +0:09
29  SANTAROMITA Ivan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini   +2:01
52  BAGIOLI Nicola  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +6:05
53  BOU Joan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +6:11
57  TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF  PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF  ZACCANTI Filippo  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF  HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini

出場選手
初山翔
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
監督:マリオ・マンゾーニ


初山翔のコメント
自分とバジョーリで前半のアタック合戦に対応するようにと指示を受ける。
自分も何度か飛び出すも、逃げに乗ることはできなかった。
その後、集団は常にハイペースを刻むも脚の調子は良く、いい感触で距離をこなした。
しかし最後の周回コースのサンルーカでのペースがとてつもなく厳しく後退。
残り二周を残して、指示を受けレースを降りた。

今後のレーススケジュール(予定)
10月6日〜13日  Tour of Taihu Lake  中国  アジアツアー2.1
10月9日  Tre Valli Varesine  イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月10日  Milano-Torino  イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月11日 Gran Piemonte イタリア  ヨーロッパツアー1.HC
10月13日  Il Lombardia  イタリア  1.ワールドツアー
10月13日  Oita Ikoinomichi Criterium  日本・大分  国際クリテリウム
10月14日  Oita Urban Classic  日本・大分  アジアツアー1.2
10月14日  Hammer Hong Kong 香港 アジアツアー1.1
10月20日  Japan Cup Criterium  日本・栃木  国際クリテリウム
10月21日  Japan Cup Cycle Road Race  日本・栃木  アジアツアー1.HC
10月23日〜31日  Tour of Hainan  中国  アジアツアー2.HC
11月11日  Tour de Okinawa  日本・沖縄  アジアツアー1.2