RESULT

【ブエルタ・ア・サンフアン/第1ステージ】灼熱に見舞われた開幕ステージは集団ゴールスプリントに

2019年01月28日

1月27日に開幕した南米アルゼンチン最大のステージレース「ブエルタ・ア・サンフアン(UCIアメリカツアー2.1)」。日が傾き始めた午後遅くにレースはスタートしましたが、それでも気温は40度近くに達し、厳しい暑さのなかでの戦いとなりました。

初日は、3級山岳を越えて折り返し、大部分同じ道を戻る159kmのステージ。3級山岳を二度越えますが、基本的には平坦基調のため、チームは逃げに選手を送り込むことと、最後はイメリオ・チーマが集団ゴールスプリントに挑むという作戦でスタートしました。

序盤にコンチネンタルチームの選手を主体とした8名の逃げが形成されましたが、2回目の山岳で吸収。厳しい暑さのなかで一時は集団が分裂し、サンタロミータや中根英登ら、総合成績を狙う選手たちが後方に取り残されるシーンもありましたが、その後、集団は一つに戻りました。

残り45km地点になると今度はコロンビア人ネオプロのアレハンドロ・オソリオを含む3名が先行し、そこに1選手が追いついて終盤は4名がレースをリードする展開となりました。そしてオソリオは最後の中間スプリントポイントでボーナスタイムを1秒獲得。新人賞ランキングでトップに立ち、プロ初レースにして新人賞リーダージャージを獲得しました。

オソリオを含む逃げていた4名は集団ゴールスプリントを狙うUCIワールドツアーチームがコントロールする集団に残り4km地点で吸収。チームは中根英登も加わり、スプリンターのイメリオを良い位置に持ち上げていきますが、残り100m地点でイメリオは失速。トップ10入りはなりませんでしたが、選手の仕上がり、チームの連携ともに非常に良い手応えを掴んでおり、次からのステージで再びチャンスを狙います。


●リザルト
区間成績

1 GAVIRIA Fernando UAE-Team Emirates 3:50:12
2 MALUCELLI MatteoCaja Rural – Seguros RGA
3 BENNETT Sam BORA – hansgrohe
16 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè
71 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè
80 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè
116 SANTAROMITA Ivan Nippo Vini Fantini Faizanè
122 OSORIO Alejandro Nippo Vini Fantini Faizanè
124 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè

個人総合成績

1 GAVIRIA Fernando UAE-Team Emirates 3:50:02
2 MALUCELLI Matteo Caja Rural – Seguros RGA +0:04
3 BENNETT Sam BORA – hansgrohe +0:06
9 OSORIO Alejandro Nippo Vini Fantini Faizanè +0:09
22 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè +0:10
75 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè
84 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè
118 SANTAROMITA Ivan Nippo Vini Fantini Faizanè
125 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè


中根英登のレポート
スタート前から車載温度計は46度を示す暑さ。
みんな今シーズン最初のレースであるのと、身体がまだ暑さに慣れきっていないので、
補給を怠ることなくしっかり摂ること、無理をし過ぎないことを意識した。
今日は平坦基調なステージなので、
クイックステップやボーラが逃げに乗るようならチェックしていき、
イメリオのスプリントで狙いに行く。
レーススタートして有力チームの入ってない逃げがすぐ決まる。
風は強く集団内で何度か落車があるものの落ち着いて距離を消化。
ボトルの水がすぐに熱湯になるほどの暑さで、
順番にみんなで何度もボトルをチームカーへ取りに行く。 折り返して追い風基調。
往路の山岳ポイントのあとの下りでペースアップがあり、集団がぶちぶちに分断されて
自分とサンティーノ、オソリオ、アコスタの4人とも後ろに取り残される
致命的なミスをしてしまうが復帰して事なきを得る。
残り35kmくらいで逃げが捕まって新たな逃げにオゾリオが入るがこれも吸収。
ラスト4kmくらいの最終コーナー前でチーマ兄弟の為に位置取りし、
コーナーを立ち上がって彼らがクイックステップの後ろに付いたのを確認して、
後は転ばず遅れないようにゴール。 とにかく暑かったが脚はしっかり動いた。
明日も気を引き締めていきます。