RACE

【ツアー・オブ・タイランド/事前情報】タイ北部での6日間のステージレースに出場

2019年03月29日

4月1日にタイ中部のピッサヌロークで開幕する6日間のツアー・オブ・タイランド(UCIアジアツアー2.1)に、2017年から2年ぶりに出場します。今年のコースは、ピッサヌロークから北上していき、厳しい山間部を通過し、タイ北部のチェンマイにフィニッシュする総走行距離974kmのコースです。

過酷な暑さもレースを厳しいものとしますが、今年は第3ステージが最難関ステージとされています。ナンをスタート/フィニッシュとする大きな周回コースで、ラオス国境近くの山間部を通過します。197kmのコース上には3ヶ所の山岳ポイントが設定されますが、なかにはタイ特有の急勾配、壁のような登坂区間も登場します。

唯一のプロコンチネンタルチームとして出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、水谷壮宏監督のもと、4選手がツール・ド・台湾からの連戦となり、台湾の最終ステージで勝利したロナルディ、3位に入った吉田隼人も参戦します。チームは台湾から直接現地入りし、トレーニングキャンプを経ての参戦。ヨーロッパからは西村大輝とイメリオ・チーマが合流しました。各選手、コンディションが良く、また厳しい暑さへの適応も強みになります。区間成績、個人総合成績ともに勝利をめざして、戦っていきます。

ツアー・オブ・タイランド出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 水谷壮宏

伊藤雅和のコメント

ツール・ド・台湾を悪くない感触で終えて、そのままタイで合宿させてもらっている。 この大会は暑さとの戦いもあるので非常にありがたい合宿になっている。身体も動いているしモチベーションも充分。今回は貪欲に結果を狙いにいこうと思っている。

吉田隼人のコメント

前のレース、ツール・ド・台湾ではステージによってアシストに徹し、ゴールスプリントになるステージではチャレンジさせてもらった。 特に最終ステージでは、久々に勝てる感覚を持つことができ、また今シーズンしっかり調子も身体も動いているので、このレースでは、ツール・ド・台湾以上の結果を残し、次のレースに繋げたい。

西村大輝のコメント

今シーズン初となるアジアツアーに出場する。 いつもどおり気合いは十分なので、力を発揮できるように精一杯走りたい。 そして、チームからも事前に言われているが、必ずやUCIポイントを獲得してレースを終えたい。

水谷監督のコメント

ツール・ド・台湾に続いてのアジアツアー2戦目。台湾前半はチームの調子は良い感じだったが、上手く歯車が噛み合わず苦戦した。しかし後半では各選手の努力が報われ、勝利を掴むことに成功した。このツアー・オブ・タイランドでは、前半からチームとして確実に動き成績を出していきたいと考えている。特に日本人選手にも大きな責任と任務を与え、そして勝てる力が充分にあることを再認識してもらいたい!

▶︎ レース情報
The Princess Maha Chackri Sirindhorn’s Cup “Tour of Thailand”
シリントーン王女杯 “ツアー・オブ・タイランド”

開催期間/2019年4月1日(月)〜6日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国
ホームページ  http://tourofthailand.in.th
フェイスブック https://www.facebook.com/Tourofthailand2019/

4月1日 第1ステージ Phitsanuloke › Uttaradit
4月2日 第2ステージ Uttaradit › Nan
4月3日 第3ステージ Nan › Nan
4月4日 第4ステージ Nan › Phayao
4月5日 第5ステージ Phayao › Lampang
4月6日 第6ステージ Lampang › Chiang Mai


今後のレーススケジュール(予定)
3月27日〜31日 Settimana Internazionale Coppi e Bartali イタリア ヨーロッパツアー2.1
4月1日〜6日 Tour of Thailand タイ アジアツアー2.1
4月3日〜6日 Giro di Sicilia – Tour of Sicily イタリア ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツール・ド・台湾/第5ステージ】最終ステージでジョバンニ・ロナルディが区間優勝、吉田隼人も区間3位でフィニッシュ

2019年03月21日

3月17日に台北にて開幕した5日間のステージレース「ツール・ド・台湾(UCIアジアツアー2.1)」は、ステージを重ねながら台湾の西側を南下していき、21日に台湾南部の屏東県にて最終ステージを迎えました。

最終日の第5ステージは屏東中心部の屏東県政府前をスタートし、海岸線を台湾の南端近くまで南下、その後同じ道を使って北上し、大鵬湾の周回コースを3周回してゴールを迎える大会最長距離の192.8kmのステージ。海岸線や大鵬湾にかかる橋など多少の起伏はあるものの全体的にフラットなコースレイアウトで、スプリンター向きのステージでした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、吉田隼人とジョバンニ・ロナルディのスプリンターコンビで区間優勝を狙うこと、また個人総合上位につける伊藤雅和の総合成績ジャンプアップをめざす作戦。南に移動してきたことから、気温が一気に上がり、30度近い厳しい暑さのなかでのレースはスタートが切られました。

昨日までの山岳三連戦を終えて、個人総合成績が僅差。そのため途中3箇所に設置される中間スプリントポイントでのボーナスタイムを狙うチームが多く、スタートから1時間以上にわたってアタックの攻防が繰り広げられ、レースはハイペースで進み、チームも中根英登を中心に危険なアタックをマークします。伊藤雅和とロナルディが巻き込まれる落車も発生しましたが、両選手とも再スタート。

約70km地点で、コースの誘導ミスが発生。一時レースがストップし、再スタートが切られるハプニングがありましたが、その後5名の逃げを集団は容認し、リーダーチームらのコントロールでレースは進んでいきました。

最終周回で最後まで逃げていた1選手は吸収され、集団は一つに。そしてゴールスプリントに向けて各チームが体制を整え、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネも区間優勝を狙うべく、中根英登がアシストする形で、吉田隼人とロナルディの好位置をキープし、二人は虎視眈々とフィニッシュラインをめざします。

残り1.5kmでリードアウトを終えた中根英登が外れると、ロナルディが先行し、集団の10番手前後をマーク。残り1kmから狙いどおりに左側のラインからライバルたちを抜き去り、残り250mでスプリントを開始。危なげない走りでフィニッシュラインへと二人で飛び込み、ロナルディが区間優勝、吉田隼人もUCIポイント獲得圏内(3点)となる区間3位で最終ステージを終えました。

この勝利は、今季プロデビューした22歳のロナルディにとってプロ初勝利、またチームにとっても嬉しいシーズン初勝利となりました。また昨シーズンからチームに加入した吉田隼人もこれまで思うような成績を残せず、悔しい思いを重ねてきたなかで、念願のトップ3フィニッシュ達成、UCIポイント獲得となりました。個人総合成績ジャンプアップを狙った伊藤雅和は、最終日のボーナスタイム獲得はなりませんでしたが、総合17位でレースを終え、吉田隼人と同じくUCIポイントを3点獲得しました。

チームはここでの好感触を活かしながら、さらなる成績を求めて戦っていきます。そして同タイムながら着順の合計により、最終日に団体総合成績でも首位に立ち、5日間ともに戦ったチーム全員で表彰台に立ちました。

リザルト
第5ステージ
1 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè 4:26:20
2 YOUNG Eric Elevate – KHS Pro Cycling
3 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè
20 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè
64 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè
85 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè +0:11
100 MOSER Moreno Nippo Vini Fantini Faizanè +2:10

個人総合成績
1 CLARKE Jonathan Floyd’s Pro Cycling 16:44:14
2 PICCOLI James Elevate – KHS Pro Cycling +0:06
3 VAN EMPEL Etienne Neri Sottoli – Selle Italia – KTM +0:10
17 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè +0:16
25 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè +0:16
33 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè +3:47
41 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè +6:58
92 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè +42:08
99 MOSER Moreno Nippo Vini Fantini Faizanè +44:13

団体総合成績
1 Nippo Vini Fantini Faizanè 50:13:30
2 Manzana Postobon
3 Kinan Cycling Team


ツール・ド・台湾出場選手
中根英登
伊藤雅和
吉田隼人
モレノ・モゼール(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
監督 水谷壮宏


ジョバンニ・ロナルディのコメント

自分もチームも今回の勝利をとても喜んでいる。チームにとっての今季初勝利を台湾で飾れて良かった。先日のステージ(第2ステージ)は2位でわずかに勝利に届かず悔しさを味わったので、今日勝てたことは本当に嬉しい。今日のステージは厳しい暑さのなかで、タフなものだったが、チームでベストを尽くして戦った。このままの調子で、ツアー・オブ・タイランドに参戦し、そこでも良い成績を残したいと思う。


吉田隼人のコメント

今日は伊藤選手の総合成績ジャンプアップ、ゴールスプリントでロナルディ選手と自分で勝負する作戦だった。レース中はいつもどおり最後のスプリントで勝負できるようにチームメイトにサポートしてもらい、結果的に1位ロナルディ選手、3位に自分が入ることができた。 今は「やっと!」と言う気持ちと、何回もチャレンジさせてくれたチーム、チームメイトに感謝しかない。 今まで失敗してきた分、チーム、チームメイトに返していかないといけない。 応援ありがとうございました。


中根英登のコメント

今日の自分の仕事は伊藤さんをスプリントポイントで1秒獲得させるべく動き、最後はスプリンターたちの為に力を使うこと。総合成績で同タイムの選手が多くいるためにアタック合戦が長く続く。 伊藤さんを逃げに乗せるように、またNIPPOが乗り損ねそうな逃げに対応していく。 最初のスプリントポイントの手前で逃げができ、チームからは誰も乗れなかったので集団で固まって走行。 ボトル運びや風除けに徹して周回コースへ。 逃げは1人になり、ラスト3周、2周に設定されているスプリントポイントで伊藤さんに1秒を取らせるべく位置取りからリードアウトまで1人で対応。 最終周回、今度はジョバンニと吉田さんのためにラスト3kmから先頭付近で位置取り開始。 ただもう脚が残っておらず、ラスト1.5kmくらいで離脱してしまったが、ジョバンニのステージ優勝と吉田さんが3位に入ってくれた!!! 最終日の今日が一番調子良く身体が動いた。 昨年から総合優勝を狙うべく準備してきただけに。レース前に体調を崩してしまって自分個人の結果は最低だったが、昨年も多くのレースで伊藤さんや吉田さんに助けてもらっていたので、アシストとして少しでも返せて良かった。 調子はしっかり上がってきているので、次は必ず結果を残していきます。 応援ありがとうございました!


伊藤雅和のコメント

今日は3回あるスプリントポイントでボーナスタイムを取ることが自分の仕事。 最初は逃げに乗ってボーナスタイムを狙うために逃げを見極めながら走る。 最初のスプリントポイント15キロ手前くらいで落車があり、ギリギリ止まれたが後ろから突っ込まれ自分も落車してしまった。 集団に復帰してすぐに逃げ集団が決まってしまい、乗れずに1回目のスプリントポイントは取るチャンスもなく終わった。 2回目は中根にサポートしてもらったが取れず。 3回目も中根にサポートしてもらい250メートルで先頭に出るも3人に捲られ5位通過だった。 サポートしてもらったのにボーナスタイムを取れずに申し訳ない。 でも最後はロナルディと吉田がスプリントで1位と3位になって嬉しかった! チーム総合もチーム全員の毎日の積み重ねで1位を取れて表彰台に皆で上れた。 今後もチームのために働くにも、もし今回みたいに任せてもらった時にしっかり結果で返せるようにコンディションを上げていきたい。 応援ありがとうございました!


▶ レース情報
Tour de Taiwan
ツール・ド・台湾

開催期間/2019年3月17日(日)〜21日(木)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/台湾
ホームページ  http://www.tourdetaiwan.org.tw/
フェイスブック https://www.facebook.com/Tour-De-Taiwan國際自由車環台公路大賽-122239464553708/

3月17日 第1ステージ  Taipei › Taipei (83.2k)
3月18日 第2ステージ  Taoyuan › Jiaobanshan Park (118.9k)
3月19日 第3ステージ  Hsinchu › Shigang (156.5k)
3月20日 第4ステージ  Nantou › Xianshan Visitor Center (166.6k)
3月21日 第5ステージ  Pingtung › Dapeng Bay (192.8k)

RESULT

【ツール・ド・台湾/第4ステージ】最後の山岳ステージで中根英登が区間5位

2019年03月20日

3月20日に開催されたツール・ド・台湾 第4ステージは、南投から風光明媚な湖の日月潭(にちげつたん)に向かう166kmのステージで、前半に3級山岳、フィニッシュまで約20km地点に2級山岳が設定されていました。最終ステージは距離こそ長いもののフラットなコースプロフィールになっているため、このステージ、とくに最後の2級山岳が個人総合成績に大きく影響することは必須、どのチームも高い緊張感をもってスタートラインに並びました。

昨日のステージを終えて、ジョバンニ・ロナルディが個人総合リーダーとなり、イエロージャージを着用してのスタート。上位3選手が同タイムであり、総合逆転圏内に多くの選手がいることから、序盤はマンザナ・ポストボンにレースの主導権を渡し、チームは後半の勝負どころに備えて走ります。序盤は6選手が先行する展開で進んでいきましたが、山岳を過ぎた道幅の広い下り区間で集団のペースが上がり、下りきった104km地点の中間スプリントポイントを前に最後まで逃げていた1選手も集団に戻りました。ボーナスタイムをかけた火花散る中間スプリントポイントでは、個人総合成績上位につける伊藤雅和がスプリントに挑みましたが成功せず。

その後、新しく3選手の逃げが形成され、ここからはリーダーチームであるNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが集団のコントロールを開始。厳しい登坂区間を前に、モレノ・モゼールと吉田隼人が献身的な走りをみせます。

そして本格的な登坂区間が始まると、逃げていた選手をハイスピードを刻む集団は捉え、集団は徐々に小さくなっていきます。レースリーダーのロナルディも登坂区間の中盤で遅れ、頂上通過時に30名ほどに絞られた先頭集団に伊藤雅和、中根英登、ルーベン・アコスタの3名が残りました。

山頂を過ぎて、フィニッシュまでの20kmは下り基調で道幅の狭いワインディングロード。集団は一列棒状に長く伸び、何度かアタックも試みられますが、決定的な動きにはならず。そのまま30名ほどの集団で、緩い登り坂となるフィニッシュラインへ飛び込み、区間優勝を狙う中根英登と伊藤雅和がスプリントでそれぞれ区間5位、区間9位でゴールしました。

ロナルディはベストを尽くしましたがリーダージャージを失い、また目標であった区間優勝にも届かず、チームは良い結果を掴むことはできませんでした。それぞれの調子は上向いていますが、終盤での連携に課題も残るレースになりました。明日の最終日は、台湾最南端を経由する192.8kmの平坦ステージになります。再び区間優勝や個人総合成績のジャンプアップをめざして、チーム一丸となり戦っていきます。

リザルト
第4ステージ

1 PICCOLI James Elevate – KHS Pro Cycling   3:58:21
2 CLARKE Jonathan Floyd’s Pro Cycling
3 VAN EMPEL Etienne Neri Sottoli – Selle Italia – KTM
5 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè  +0
9 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè ,,
28 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè
46 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè  +7:02
76 MOSER Moreno Nippo Vini Fantini Faizanè    +14:53
100 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè     +15:52

個人総合成績

1 CLARKE Jonathan Floyd’s Pro Cycling     12:17:54
2 PICCOLI James Elevate – KHS Pro Cycling      +0:06
3 VAN EMPEL Etienne Neri Sottoli – Selle Italia – KTM      +0:12
20 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè        +0:16
25 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè      +0:16
33 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè         +3:36
41 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè       +7:08
96 MOSER Moreno Nippo Vini Fantini Faizanè        +42:03
97 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè         +42:12

 


中根英登のコメント

リーダチームだがジョバンニと同タイムの選手がいるので、コントロールするよりは逃げに乗っていく作戦でスタート。 スタート直後の飛び出しに上手く乗って10人程で飛び出すが上手く回らずに吸収。 6人の逃げが決まり、マンザナがレースの主導権を取るべく集団コントロール開始。 これは正直助かった。2つ目のスプリントポイントで総合上位の伊藤さんにボーナスタイムを取らせるべく吉田さんと牽引するが上手くいかず。 スプリントポイント通過後に新たに3人の逃げができるが、吉田さんとモレーノの牽引で1分圏内に抑えてくれた。 この間に伊藤さんのサポートをして、最後の上り区間へ。 今の自分にはかなりキツいペース。たまらず集団から1度千切れてしまう。 同じようなタイミングで集団から千切れた2人と平坦と下りを全開で攻めて、意地で集団復帰。 限界ギリギリだったのでスプリント1本に集中。 ラスト500m切って左のラインに乗って前に上がり、ラスト150mあたりからスプリント開始したが伸びずに5位に沈んでしまった。 リーダージャージを手放し、ステージ優勝も出来ずに結果は全然良くないが、個人的にどん底のコンディションから回復してきているのを確認できた事は精神的に救われた。 最終日の明日も気を引き締めて、チームのために頑張りたい。



伊藤雅和のコメント

今日も逃げに乗ってステージを狙うという作戦。 アタック合戦が激しく逃げに乗れず、6人の逃げが決まる。 ここでマンザナがコントロールしてくれて今日2回目のスプリントポイントに。 吉田、中根と共に狙うがうまくいかず最後の上りに備える。 スプリントポイントから上りまでは吉田とモゼールにコントロールしてもらう。 上りもペースが上がってキツかったが無事越えて、ゴール勝負に。 結果は微妙な9位だった。 位置をもっと前からもがかないと全然ダメだった。 今日はステージ優勝のチャンスが中根、ルーベン、自分にあったので結果が凄く悔やまれる。



吉田隼人のコメント

今日は自分がチームにとって少しでも有利になるよう走った。 体調・調子も悪くないことを確認できた。 明日は最終ステージ。展開によっては狙えるので、引き続きチーム一丸となって勝ちを狙います。


▶ レース情報
Tour de Taiwan
ツール・ド・台湾

開催期間/2019年3月17日(日)〜21日(木)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/台湾
ホームページ  http://www.tourdetaiwan.org.tw/
フェイスブック https://www.facebook.com/Tour-De-Taiwan國際自由車環台公路大賽-122239464553708/

3月17日 第1ステージ  Taipei › Taipei (83.2k)
3月18日 第2ステージ  Taoyuan › Jiaobanshan Park (118.9k)
3月19日 第3ステージ  Hsinchu › Shigang (156.5k)
3月20日 第4ステージ  Nantou › Xianshan Visitor Center (166.6k)
3月21日 第5ステージ  Pingtung › Dapeng Bay (192.8k)