RESULT

【全日本選手権】雨のなかのサバイバルレースで伊藤雅和が5位

2019年06月30日

6月30日(日)、2019年の日本チャンピオンを決定する全日本選手権ロードレースが静岡県小山町富士スピードウェイにて開催されました。午前9時にスタートしたエリート男子カテゴリーは152選手が出走。欧州ワールドツアーで活躍する別府史之(トレック・セガフレード)と新城幸也(バーレーン・メリダ)も一時帰国し、スタートラインへ。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネからは、伊藤雅和、吉田隼人、西村大輝の3名が出場しました。

コースはレーシングサーキットに外周路等を組み込んだ1周回10.8kmの特設コース。そこをエリート男子カテゴリーは21周する227kmのレースでした。国内で開催されるレースとしては、距離が長いのが特徴で、緩やかなアップダウンや道幅の狭い区間もコースに含まれていました。

強い雨のなかでスタートが切られると、サーキットの一部にはオイル浮きの影響などから非常に滑りやすく落車も発生。そして序盤から有力チームの牽引により、レースはハイペースで進み、登りと下りを繰り返すコースで、集団は縦一列に長く伸び、周回を重ねるごとに多くの選手が脱落していきます。

前半より何度か逃げが形成されますが、決定的な動きにはならず、3名の少ない人数での出走となったNIPPOは、集団内にて落ち着いてレースを進めていきます。8周回目になると、徳田優(ブリヂストンアンカー)が単独でアタックに成功し先行を開始。その動きを機に60名ほどに絞られた集団はようやく落ち着きをみせ、タイム差は3分へと広がっていきました。

そのまま中盤は徳田が単独で先行する展開が続き、動きが出たのは残り7周。集団はペースアップが図られ、徳田を吸収するとともに活性化し、いよいよレースが動き始めました。しかし、その動きと同時に機材トラブルにより吉田隼人が集団から脱落し、加速する集団への復帰は叶わずリタイアへ。

吉田は「チームは人数が少ない状態での出走で、個々で最後まで残っていく作戦だった。コンディション良く走れていただけにメカトラは残念だった。バイク交換だけでなく、メカトラをかばうようにして脚を使ってしまっていた。このまま良い調子を維持して、次に出場するツアー・オブ・チンハイレイクで結果を残したい」とコメント。

そしてレースは終盤を迎え、わずか30名ほどになったメイン集団に伊藤と西村が残りました。登坂区間で毎周回、優勝候補である新城らが積極的にアタックを繰り返し、周回中に何度も逃げができては吸収される目まぐるしい展開に。「とにかくペースが速かった」と振り返る西村は少しずつ後退してしまいますが、好調な伊藤は集団前方でアタックに反応しながら、チャンスをうかがっていきます。

決定的な動きになったのは、残り3周回で形成された新城、入部正太郎(シマノレーシング)、 横塚浩平(チームUKYO)3名の逃げ。ついに後続とのタイム差が開き始め、この3名での逃げ切りが濃厚な展開となりましたが、伊藤は諦めることなく前を追い、5名の追走集団を率いて懸命にペダルを踏み続けます。

しかし、強力な3名の先頭に追いつくことはできず、入部が新城をスプリントで下し、全日本選手権初優勝。そして伊藤はトップから1分49秒差、5位以下を競るスプリントに3選手で挑み、先着して5位でフィニッシュ。西村は2分50秒差の10位でゴールしました。

伊藤は「入部選手が前に行ったときに、一緒に行かなかったのが悔やまれる。入部選手が横からサーっと上がって行き、どうしようかと思った次の瞬間に新城選手が行った。すかさず追ったが、それに集団が反応し吸収されてしまい、そのままの勢いで前も吸収するかと思ったが、自分を吸収すると集団は踏みやめてしまった。その前の一瞬の判断が勝負の分かれ目だったと思う。その後、後ろはあまり回らず、自分で脚を使って前を追った。調子は良く優勝を狙っていたので本当に悔しい。今は何を言っても負け惜しみになってしまうが、レースの難しさを感じた」と悔しさを滲ませながら振り返りました。

一方の西村はレースを終えて、「最初からとにかく速く感じて、常にツラいと思いながら走っていた。コンディションは最善とは言えないが、今日できる全力を尽くして戦った。もっと脚があればと思う。シーズン後半戦、また海外のレースが続くので、ここから調子を上げていきたい」と話しました。

3名での出走となり、チームとしての作戦を取りにくいこと、また年間スケジュールの関係から、全日本選手権だけにコンディションを合わせることは難しいなかで、各選手がベストを尽くして戦いました。それぞれに感じた今回の悔しさをバネに、シーズン後半戦を戦っていきます。悪天候のなか会場にお越しくださった皆さまをはじめ、スポンサーの皆さま、ご声援いただいたすべての方に感謝しています。次戦はアジアツアー超級のツアー・オブ・チンハイレイク(中国)になります。引き続き、応援よろしくお願いします!

結果
1 入部 正太朗(シマノレーシング) 6:12’27
2 新城 幸也(BAHRAIN MERIDA) +00’00
3 横塚 浩平(Team UKYO) +00’08
4 湊 諒(シマノレーシング)  +1’41
5 伊藤 雅和(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE) +1’49
6 草場 啓吾(愛三工業レーシングチーム)  +1’49
10 ⻄村 ⼤輝(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE) +2’50
DNF 吉田 隼人(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE)

RACE

【全日本選手権ロードレース/事前情報】富士スピードウェイで開催される2019年の日本王者決定戦

2019年06月27日

6月30日(日)に全日本選手権ロードレース・エリート男子が静岡県小山町の富士スピードウェイで開催され、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネからは、伊藤雅和、吉田隼人、西村大輝の3名が出走します。

全日本選手権ロードレースは年に一度開催される、その年の日本チャンピオンを決める大会で、今年は6月27日に開幕。タイムトライアル種目、各年齢別カテゴリーのレースが開催され、30日午前9時に大会のクライマックスとなるエリート男子・ロードレースがスタートします。

富士スピードウェイのレーシングサーキットは4,563mですが、UCI規定により外周路等も組み込み、1周回10.8km(逆回り)の特設コースを設定。男子エリートは、そのサーキットを21周回する227kmで競われます。1周回の標高差は約145m、総獲得標高は3,000mを超えます。またテクニックが必要となるタイトなコーナーや道幅の狭い区間も設定されています。

富士スピードウェイは2020年の東京オリンピックで、自転車ロードレース競技のフィニッシュ地点、ロードレース・タイムトライアルのスタート/フィニッシュ地点としても使われます。234kmの男子ロードレースは、東京都調布市・武蔵野の森公園をスタートしたあと、道志みちを通過して山中湖へ、その後、籠坂峠、富士山麓を周り、180km地点前後に富士スピードウェイを2回通過。そして最後の勝負どころとなる三国峠・籠坂峠を経て、再び富士スピードウェイに向かい、ホームストレート上にフィニッシュラインが引かれます。オリンピックでは、選手たちは東ゲードよりサーキットへと入り、Aパドックからホームストレートを通過してコースを約1周、順走します。

また今年の7月21日には東京オリンピックプレ大会となる「READY STEADY TOKYO – 自転車競技(ロード)(UCIアジアツアー1.2クラス)」が予定されており、オリンピック同様に富士スピードウェイが使用されます。コースは富士山麓エリアがショートカットされた179kmとなりますが、富士スピードウェイはオリンピックコースと同様に、中盤を過ぎてから2度通過し、最後はフィニッシュ地点となります。

イラスト: 7月21日に開催されるプレ大会「READY STEDY TOKYO」での富士スピードウェイ周囲のコースレイアウト。オリンピック本番も同様のコース設定になる予定。(C)東京2020組織委員会

ナショナル選手権は同日に世界各国で開催され、イタリア選手権にはマルコ・カノラ、イヴァン・サンタロミータ、ニコラ・バジョーリ、フィリッポ・ザッカンティ、ダミアーノ・チーマ、イメリオ・チーマ、ジョバンニ・ロナルディの7名、スペイン選手権にはフアンホセ・ロバトとジョアン・ボウが出場します。


全日本選手権ロードレース出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
監督 大門宏


 レース情報
第88回 全日本選手権自転車競技ロードレース
男子エリート

開催期間/2019年6月30日(日)午前9時スタート
カテゴリー/ナショナル選手権
場所/静岡県小山町 富士スピードウェイ
ホームページ  https://www.jpnc.biz

今後のレーススケジュール(予定)
7月14日〜27日 Tour of Qinghai Lake(中国/UCIアジアツアー2.HC)
7月21日 Tokyo 2020 Test Event / READY STEDY TOKYO(日本/UCIアジアツアー1.2)
7月24日〜28日 Adriatica Ionica Race(イタリア/UCIヨーロッパツアー2.1)

RESULT

🏆【ツール・ド・コリア/第5ステージ】チームワークでザッカンティの個人総合リーダージャージを守りきり、チーム総合優勝も達成!

2019年06月16日

6月12日から16日まで、5日間にわたって開催されたツール・ド・コリア(UCIアジアツアー2.1)が閉幕。第3ステージでフィリッポ・ザッカンティが2選手で逃げ切り、個人総合成績で2位に41秒差で首位に立ちました。その後もチーム一丸となった走りでリードを守りきり、16日にソウルで開催された65kmの短い最終ステージを終えて、ザッカンティが個人総合優勝。そしてチーム総合成績でも2位と1秒の僅差ながらNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが優勝しました。

またロバトは個人総合成績で6位。日本人選手は中根英登が第1ステージで8位、第2ステージで9位。コンディションの上向きを実感するなかで、終盤は個人総合リーダーを守るため、重要なアシストの役目を担いました。またジロ・デ・イタリアで初日リタイアとなった西村大輝も復調。チームワークの軸となり活躍しました。

昨年プロ入りした現在23歳のフィリッポ・ザッカンティは、今季はシーズン初めにケガが続いたものの見事に復活。先日開催されたツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1)でも果敢な走りで山岳賞を獲得。今大会の総合優勝が念願のプロ初勝利となりました。

写真: ソウルのオリンピックパークから漢江沿いを走った第5ステージで、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが集団をコントロールする 📷 Tour de Korea 2019

成績

第5ステージ
1 LAAS Martin Team Illuminate 1:21:28
2 KREDER Raymond Team UKYO
3 PARK Kyoung Ho KSPO Bianchi Asia Procycling
25 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè
33 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè
38 ZACCANTI Filippo Nippo Vini Fantini Faizanè
52 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè
68 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè
89 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè


個人総合成績
1 ZACCANTI Filippo Nippo Vini Fantini Faizanè 13:35:38
2 PERRY Ben Israel Cycling Academy +0:41
3 KREDER Raymond Team UKYO +1:02
6 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè +1:13
27 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè +1:28
38 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè +1:58
55 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè +16:11
88 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè +26:01

チーム総合成績http://teamnippo.jp/
Nippo Vini Fantini Faizanè 40:49:36
Israel Cycling Academy +0:01
Team UKYO +1:15

ツール・ド・コリア出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
西村大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
監督 水谷壮宏


フィリッポ・ザッカンティのコメント

まずは一緒に戦ったチームメート、監督に感謝したい。彼らがいなくてはこの勝利はなかった。逃げ切って最初に総合リーダージャージを獲得したときから、ジャージを守り抜くまで、チーム全員が本当に素晴らしい仕事をしてくれた。とくにジャージを守るうえで重要だった昨日の第4ステージでは、序盤から吉田、西村、伊藤が集団をコントロールし、終盤では中根が非常によい動きをしてくれた。そしてロバトはレース中だけでなく、すべてにおいて豊富な経験から良いアドバイスをしてもらった。最終ステージを終えて、みんなで本当に欲しいと願っていた総合リーダージャージを獲得することができた。チーム全員で祝いたい。


伊藤雅和のコメント

コンディションはベストではなかったが、第4ステージに関しては身体が痺れるまで追い込めたので、このレースを次戦に繋げたい。 チームメート全員がとても良い働きができ、ザッカンティが個人総合優勝、チームとしても団体総合優勝することができ、とても良い結果に終われて最高だった。また次のレースで頑張ります!


吉田隼人のコメント

昨年、同じレースを走った時よりはるかにいいコンディションでレースに臨むことができた。 個人として結果を残すことができなかったが、チームメイトがリーダーになり、このチームで数多くレースをこなしてきたなかで、余裕を持ってコントロール、またそのコントロールしている時に、自分のパフォーマンスも上がっていることが確認できた。 チームでも個人でも引き続き勝ちを狙い走っていきたい。 応援ありがとうございました。


中根英登のコメント

ツアー・オブ・ジャパンの時よりも調子は上向いていて、2つのステージでトップ10に入ることができた。最終的にザッカンティの個人総合優勝に加えチーム総合成績でも1位で終えることができ、良いチームワークが発揮できたレースだった。応援ありがとうございました!


西村大輝のコメント

体調を整えて挑んだ今大会。 身体は動いており、コンディションが上向いていることを感じることができた。 だが、もっと自分に力があれば、さらにチームメイトたちの助けになれたので、さらに力を付けていきたい。 チームの結果としては、この上ない成績を収めることができ、とても良い雰囲気でレースを終えられた。 後半戦もこの勢いで精一杯頑張りたい。 応援ありがとうございました。

水谷監督のコメント

今年も例年どおり、ボーナスタイムでの数秒差を競う大会になるかと思っていた。第2ステージでロバトが惜しくもステージ優勝を逃し、中根が総合成績で5位をキープするなか、チームとしても総合優勝するにはやはり攻撃する以外、術はなかった。

そこで迎えた第3ステージでは、作戦どおりにラスト40kmで総攻撃を始め、他チームからのマークが厳しいなかで見事に逃げを決めたザック! 伊藤やロバト、中根もまだ総合に絡める位置にいたおかげで、集団では各チームの牽制があり、最終的に集団に1分16秒差でゴールし、これが総合優勝への鍵となった。

その後のステージでも集団コントロールは決して容易ではなかったが、チームが一丸となり確実に選手は仕事をこなしリーダージャージを死守することに成功した。監督の私も多くのコース情報と明確な指示を出したが、グランツールを数回経験しているロバトのレースアドバイスには大きく助けられたはず。

総合優勝することは決して容易ではないなかで、最終的にチーム総合優勝も獲得できたことも大きく評価したい。なぜならリーダージャージを守るアシスト勢の目標は個人総合優勝だけだったはず。その中でチーム総合優勝を得たことはチームの総力が大きく実証された。今大会でシーズン後半のアジアツアー連戦へ向けて勢いが付いたことは確実だ。

 レース情報
Tour de Korea 2019
ツール・ド・コリア

開催期間/2019年6月12日(水)〜16日(日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/韓国
ホームページ  http://tourdekorea.kspo.or.kr/tdk2019/elite_eng/index.asp
フェイスブック https://www.facebook.com/TourdeKorea/
ハッシュタグ #tourdekorea #TDK