RESULT

【ツアー・オブ・チンハイレイク/第4ステージ】標高3000m超での壮絶な山岳ショートステージ

2019年07月18日

第3ステージに引き続き、厳しい山岳が組み込まれた第4ステージ。100kmと距離は短いものの、平坦区間は最初の20kmのみ。47km地点の1級山岳、さらに山頂をすぎても長い長い上りが続きます。そして遊牧民のテントが点在する草原を猛スピードで駆け抜けたのち、壮大な峡谷が眼下に広がる2級山岳を越え、黄河上流に位置する風光明媚なダム・龍羊峡にフィニッシュするコース設定で、ショートステージゆえに長い登りの厳しさが際立つコース設定でした。

初日のチームタイムトライアルから、コロンビアのチームメデジンが圧倒的な力でレースをリードしており、第4ステージも彼らが主導権を握るレース展開になることは間違いなく、チームは昨日から引き続き、クライマーの西村大輝、ルーベンダリオ・アコスタを軸にベストを尽くしていく作戦です。

序盤に6名が集団から飛び出し先行したものの、本格的な登坂区間が始まると、メデジンがコントロールする集団に吸収され、その後、上りの中盤で昨年の総合覇者であるエルナン・アギーレがアタックを仕掛け、3名のトップクライマーが先行してレースをリードする展開に。メイン集団は引き続き、イエロージャージを着用するオスカル・セヴィッラ擁するメデジンがコントロール。多くの選手が脱落しメイン集団は20名ほどに絞られているものの、メデジンは先頭に選手を送ったうえで、さらに先頭に5名残す圧倒的な力を発揮しました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、アコスタが最初の山岳で形成された第二集団でレースを進め、西村と調子を上げる吉田隼人もそれぞれにベストを尽くして中盤ほどの位置で前を目指します。結果として高地に強いコロンビア人や登坂スペシャリストがしのぎを削るステージとなり、今日のステージを終えても依然、メデジンが総合上位4位を独占しています。

第二集団、1分37秒差の37位でゴールしたアコスタが個人総合成績を45位までジャンプアップさせました。標高3000mを超える山岳ステージは世界でも稀なレース条件で、パフォーマンスを発揮させることは簡単ではありませんが、一つ一つ、山岳を越えながら、勝負のチャンスを掴むべく前を目指して走り続けます。

リザルト
第4ステージ

1   AGUIRRE Hernán  Interpro Cycling Academy   2:42:20
2  CHALAPUD Robinson  Medellin
3  DYBALL Benjamin  Team Sapura Cycling   +0:16
37  ACOSTA Ruben Dario  Nippo Vini Fantini Faizanè   +1:37
78  NISHIMURA Hiroki  Nippo Vini Fantini Faizanè   +16:39
83  YOSHIDA Hayato  Nippo Vini Fantini Faizanè
91  CIMA Imerio  Nippo Vini Fantini Faizanè    +20:31
96  CIMA Damiano  Nippo Vini Fantini Faizanè
121  ITO Masakazu  Nippo Vini Fantini Faizanè


個人総合成績

1   CHALAPUD Robinson  Medellin   9:35:51
2   SEVILLA Óscar  Medellin  +0:32
3  MONTOYA Cristhian Medellin
45   ACOSTA Ruben Dario  Nippo Vini Fantini Faizanè  +7:50
67  NISHIMURA Hiroki  Nippo Vini Fantini Faizanè  +22:52
102   CIMA Imerio  Nippo Vini Fantini Faizanè   +37:53
103   CIMA Damiano  Nippo Vini Fantini Faizanè   +37:53
104   ITO Masakazu  Nippo Vini Fantini Faizanè   +37:53
105   YOSHIDA Hayato  Nippo Vini Fantini Faizanè   +37:56

ツアー・オブ・チンハイレイク出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
監督 水谷壮宏



伊藤雅和のコメント

今日も全く力が入らずに遅れて、グルペットでゴールしてしまった。
毎日改善策を考えてどうにかどこかのステージで活躍できるように、
チームの役にたてるようにこの後のステージも走っていきたい。


吉田隼人のコメント

去年も走ったことのあるステージ。
自分自身の調子も昨日よりも良かったが、結果に繋がる走りではなかった。
引き続き諦めずトライし、いい結果を報告したい。


西村大輝のコメント

今日も、かなり苦しんだステージとなった。
明日は173kmで長いステージとなる。チームの役に立てるように頑張りたい。

 レース情報
18th Tour of Qinghai Lake
第18回 ツアー・オブ・チンハイレイク

開催期間/2019年7月14日(日)〜27日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国
ホームページ  http://www.tdql.cn/
ツイッター https://twitter.com/tdql_official
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofqinghailake/
ハッシュタグ #TDQL2019



7月14日 Stage 1 – Hehuang New District › Xining (40k / チームTT)
7月15日 Stage 2 – Xining › Xining (119k)
7月16日 Stage 3 – Duoba › Guide (140k)
7月17日 Stage 4 – Guide › Longyangxia (100k)
7月18日 Stage 5 – Gongha › Chaka (173k)
7月19日 Stage 6 – Chaka › Bird Island (136k)
7月20日 Stage 7 – Haiyan › Haiyan (42k / 個人TT)
7月21日 Stage 8 – Xihaizhen › Qingshizui (224k)
7月22日 Stage 9 – Menyuan › Minie (160k)
7月23日 休息日
7月24日 Stage 10 – Jingchang › Wuwei (116k)
7月25日 Stage 11 – Minqin › Tengger Desert (153k)
7月26日 Stage 12 – Zhongwei › Zhongwei (111k)
7月27日 Stage 13 – Yinchuan › Yinchuan (117k)

今後のレーススケジュール(予定)
7月14日〜27日 Tour of Qinghai Lake(中国/UCIアジアツアー2.HC)
7月21日 Tokyo 2020 Test Event / READY STEDY TOKYO(日本/UCIアジアツアー1.2)
7月24日〜28日 Adriatica Ionica Race(イタリア/UCIヨーロッパツアー2.1)

RESULT

【ツアー・オブ・チンハイレイク/第3ステージ】超級山岳を越える最初の難関ステージ

2019年07月16日

ツアー・オブ・チンハイレイク第3ステージでは、これまで滞在した西寧市郊外の多巴(Duoba)国家体育基地をあとにし、閉鎖された高速道路を使って南方向へと舵を取り、チベット民族が多く暮らす貴徳(Guide)へと向かう140kmのステージでした。最初の約60kmが平坦基調、その後長い登坂区間が始まり、82km地点に超級山岳が設定されていました。その標高は富士山山頂を優に超える海抜3,820mほど! そして、山頂からフィニッシュラインまでハイスピードで駆け下りる長いダウンヒルが続いていきます。

今日のNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、山岳に強い伊藤雅和、西村大輝、ルーベンダリオ・アコスタでベストを尽くし、トップ集団に食らいつき、個人総合成績のジャンプアップをめざすこと。しかし、西寧市に到着してから6日間ほど経過したとはいえ、高地ゆえの低酸素に苦しむステージとなりました。

レースは3選手が先行する展開で進んでいき、緩やかに上りが始まると先頭は一人、二人と遅れ、レースリーダーのメデジンがコントロールする集団に吸収されます。本格的な登坂区間に差し掛かると、昨年の総合優勝者であるエルナン・アギーレ(インタープロ)らのアタックもあり、集団はあっという間に30人、20人と小さくなりました。伊藤は調子は優れず、機材トラブルもあり後退。アコスタと西村が前方に残ったものの、山頂を前に先頭からドロップ。そして下りを使って20名ほどのやや大きな追走集団を形成し、懸命に前を追います。

先頭は50名ほどの集団となり、長い下り区間でハイスピードでフィニッシュラインをめざします。残り10kmを切ると西村たちの集団はときおり隊列が見える位置まで追い上げましたが、あと一歩がつまり切らず、第二集団は先頭から1分10秒差のゴールとなり、西村が55位、アコスタが64位で今日のステージを終えました。先頭集団に追いつくことはできませんでしたが、二人は個人総合成績を40位ほどジャンプアップさせることに成功しました。

リザルト
第3ステージ

1   GROSU Eduard Michael  Delko Marseille Provence   3:21:14
2  PACIONI Luca  Neri Sottoli – Selle Italia – KTM
3  MONSALVE Yonathan  Tianyoude Hotel Cycling Team
55  NISHIMURA Hiroki  Nippo Vini Fantini Faizanè   +1:10
65  ACOSTA Ruben Dario  Nippo Vini Fantini Faizanè   ,,
92  CIMA Damiano  Nippo Vini Fantini Faizanè    +12:19
105  CIMA Imerio  Nippo Vini Fantini Faizanè   ,,
107  ITO Masakazu  Nippo Vini Fantini Faizanè   ,,
128  YOSHIDA Hayato  Nippo Vini Fantini Faizanè   +16:14


個人総合成績

1   SEVILLA Óscar Medellin    6:53:37
2   OYOLA Róbigzon Leandro Medellin
3   MONTOYA Cristhian Medellin
62   NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè   +6:07
63   ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè    +6:07
100   CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè   +17:16
101   CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè   +17:16
102   ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè   +17:16
125   YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè     +21:11

ツアー・オブ・チンハイレイク出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
監督 水谷壮宏



伊藤雅和のコメント

今日から山岳が始まり頑張らないといけないステージだったが、
力が入らず早々に先頭集団から遅れてしまった。
原因を考えて明日からも山岳は続くので挽回していきたい。


吉田隼人のコメント

今日の山岳では身体に力が入らず大きなグルペットでゴール。
今年の自分自身の調子を考えると、今日のようなコースでも
チームの力になれるはずなので、明日からも無駄のない走りをします。


西村大輝のコメント

去年も苦しんだこのステージ。
標高の影響で、スタート前から予想していたとおり、呼吸が苦しくて本当に辛かった。
明日からも山岳ステージが続くので集中して精一杯頑張りたい。

 レース情報
18th Tour of Qinghai Lake
第18回 ツアー・オブ・チンハイレイク

開催期間/2019年7月14日(日)〜27日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国
ホームページ  http://www.tdql.cn/
ツイッター https://twitter.com/tdql_official
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofqinghailake/
ハッシュタグ #TDQL2019



7月14日 Stage 1 – Hehuang New District › Xining (40k / チームTT)
7月15日 Stage 2 – Xining › Xining (119k)
7月16日 Stage 3 – Duoba › Guide (140k)
7月17日 Stage 4 – Guide › Longyangxia (100k)
7月18日 Stage 5 – Gongha › Chaka (173k)
7月19日 Stage 6 – Chaka › Bird Island (136k)
7月20日 Stage 7 – Haiyan › Haiyan (42k / 個人TT)
7月21日 Stage 8 – Xihaizhen › Qingshizui (224k)
7月22日 Stage 9 – Menyuan › Minie (160k)
7月23日 休息日
7月24日 Stage 10 – Jingchang › Wuwei (116k)
7月25日 Stage 11 – Minqin › Tengger Desert (153k)
7月26日 Stage 12 – Zhongwei › Zhongwei (111k)
7月27日 Stage 13 – Yinchuan › Yinchuan (117k)

今後のレーススケジュール(予定)
7月14日〜27日 Tour of Qinghai Lake(中国/UCIアジアツアー2.HC)
7月21日 Tokyo 2020 Test Event / READY STEDY TOKYO(日本/UCIアジアツアー1.2)
7月24日〜28日 Adriatica Ionica Race(イタリア/UCIヨーロッパツアー2.1)

RESULT

【ツアー・オブ・チンハイレイク/第2ステージ】西寧市での集団ゴールスプリントでイメリオ・チーマが区間8位

2019年07月16日

冷たい雨に見舞われた開幕ステージから一夜明け、曇り空のもとでスタートしたツアー・オブ・チンハイレイク第2ステージは、西寧市内での周回レース。広いフラットな道を使って大きく四角形を描く13.2kmのコースを9周回する118.8kmで競われました。集団ゴールスプリントの展開が予想されるステージで、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネも、チーマ兄弟、吉田隼人のスプリンターで区間成績を狙う作戦でした。

序盤から地元チームの青海天佑徳の2選手がアタックを仕掛けて先行します。落ち着いた展開でレースは進み、途中、小規模な落車が発生するアクシデントもありましたが大事には至らず、集団はレースリーダーのメデジンや昨年の本ステージ優勝者であるブライトン・ジョーンズ擁するデルコ・マルセイユのコントロールで、フィニッシュに向けて残り距離を消化していきます。

残り2周回目で逃げていた2選手は集団に吸収。最終周回では、スプリントを狙う各チームがトレインを形成し、集団の主導権を争いながらハイペースで進んでいきます。終盤にチームメートとはぐれてしまった吉田隼人がスプリント戦線から後退、代わりにイメリオ・チーマがゴールスプリントに挑み、区間8位でゴールしました。

西寧市での2ステージを終えて、明日の第3ステージからいよいよ標高3700mを超える山岳地帯がコースに組み込まれ、雄大なチベット高原をゆく美しくも過酷なステージレースが本格的に始まります。

リザルト
第2ステージ

1  JONES Brenton  Delko Marseille Provence    2:42:46
2  BALKAN Onur Salcano Sakarya BB Team
3  MARINI Nicolas  Tianyoude Hotel Cycling Team
8  CIMA Imerio  Nippo Vini Fantini Faizanè   +0
45  YOSHIDA Hayato  Nippo Vini Fantini Faizanè    +0
71  NISHIMURA Hiroki  Nippo Vini Fantini Faizanè    +0
89  CIMA Damiano  Nippo Vini Fantini Faizanè    +0
91  ACOSTA Ruben Dario  Nippo Vini Fantini Faizanè    +0
106  ITO Masakazu  Nippo Vini Fantini Faizanè   +0


個人総合成績

1  ROLDÁN Weimar Alfonso   Medellin   3:32:22
2  OYOLA Róbigzon Leandro   Medellin +0:01
3  SEVILLA Óscar   Medellin
101   CIMA Imerio   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58
102  YOSHIDA Hayato   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58
103  NISHIMURA Hiroki   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58
104  ACOSTA Ruben Dario   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58
105  CIMA Damiano   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58
106  ITO Masakazu   Nippo Vini Fantini Faizanè   +4:58

ツアー・オブ・チンハイレイク出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
監督 水谷壮宏



伊藤雅和のコメント

今日は確実にスプリントになるステージ。
ラスト2周までかなりゆっくりなペースで進み、
そこからスプリントに向けてスピードアップする展開だった。
特に何もできることなく終わってしまった。
明日から山岳が始まるので、我慢してトップに食らいついていきたい。


吉田隼人のコメント

チームからはチャンスをもらったが、
ゴールまで2km切ってからのコーナーでチームメイトと逸れスプリントできなかった。
去年と比べると、今年のほうが体調、調子、全ていいので、この先も諦めずに狙って走ります。


西村大輝のコメント

今日のステージは最終局面での勝負になるため、
その前の段階でスプリンターたちのアシストをする事を言われてスタートしたが、
特にこれと言った事は出来ずに終わってしまった。
明日から山岳ステージが始まるので、自分のできる精一杯の走りをしたい。

 レース情報
18th Tour of Qinghai Lake
第18回 ツアー・オブ・チンハイレイク

開催期間/2019年7月14日(日)〜27日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国
ホームページ  http://www.tdql.cn/
ツイッター https://twitter.com/tdql_official
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofqinghailake/
ハッシュタグ #TDQL2019



7月14日 Stage 1 – Hehuang New District › Xining (40k / チームTT)
7月15日 Stage 2 – Xining › Xining (119k)
7月16日 Stage 3 – Duoba › Guide (140k)
7月17日 Stage 4 – Guide › Longyangxia (100k)
7月18日 Stage 5 – Gongha › Chaka (173k)
7月19日 Stage 6 – Chaka › Bird Island (136k)
7月20日 Stage 7 – Haiyan › Haiyan (42k / 個人TT)
7月21日 Stage 8 – Xihaizhen › Qingshizui (224k)
7月22日 Stage 9 – Menyuan › Minie (160k)
7月23日 休息日
7月24日 Stage 10 – Jingchang › Wuwei (116k)
7月25日 Stage 11 – Minqin › Tengger Desert (153k)
7月26日 Stage 12 – Zhongwei › Zhongwei (111k)
7月27日 Stage 13 – Yinchuan › Yinchuan (117k)

今後のレーススケジュール(予定)
7月14日〜27日 Tour of Qinghai Lake(中国/UCIアジアツアー2.HC)
7月21日 Tokyo 2020 Test Event / READY STEDY TOKYO(日本/UCIアジアツアー1.2)
7月24日〜28日 Adriatica Ionica Race(イタリア/UCIヨーロッパツアー2.1)