RACE

【ツアー・オブ・ユタ、ブエルタ・ア・ブルゴス、チェコツアー/事前情報】夏の三大会に日本人選手フル参戦!

2019年08月09日

シーズン後半戦を迎え、今週末から開催されるアメリカ合衆国、スペイン、チェコ共和国での大会にNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが3チーム体制で参戦します。今シーズンの成果を示す大切な時期の大会に日本人選手も全員がエントリー。8月よりトレーニーとして加入した石上優大(AVCエクサンプロヴァンス/EQADS)と草場啓吾(愛三工業レーシングチーム)にとっても、初めてプロコンチネンタルチームの一員として、ワールドツアーチームも参加する世界のトップレースに挑みます。

● ツアー・オブ・ユタ(8月12日〜18日)

アメリカ西部に位置するユタ州ソルトレイクシティ近郊で開催されるUCI超級のビッグレース。高地での開催、また山頂フィニッシュを含む厳しい山岳ステージや起伏が連続するステージが多く組み込まれているのが特徴的。プロローグを含む全7ステージで開催され、今年は2つのワールドチーム、5つのプロコンチネンタルチームが出走。2017年に区間優勝を挙げているオールラウンダーのマルコ・カノラ、クライマーのイヴァン・サンタロミータ、ツール・ド・コリアを制したフィリッポ・ザッカンティを軸にする布陣で、ジロ・デ・イタリアを完走した初山翔も昨年に引き続いて出場します。

出場選手
初山翔
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
フィリッポ・フィオレッリ(イタリア ※トレーニー)
監督 マリオ・マンゾーニ


初山翔のコメント

ジロ・デ・イタリア、ハンマーシリーズ・リンブルフのあと、長い休みを貰ったので数ヶ月ぶりのステージレースになる。そしてここからシーズン後半戦が始まる。アメリカではヨーロッパツアーとは違った難しさがレースにあるが、力を出し尽くしやすいという面もある。ここで勢いをつけてシーズン最後まで駆け抜けたい。

▶ レース情報
15th The Larry H.Miller Tour of Utah
第15回 ツアー・オブ・ユタ

開催期間/2019年8月12日(月)〜18日(日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ合衆国
ホームページ  https://www.tourofutah.com
ツイッター https://twitter.com/TourofUtah
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofutah
ハッシュタグ #TOU2019

● ブエルタ・ア・ブルゴス(8月13日〜17日)

スペイン北部のブルゴスを拠点に開催される5日間の超級ステージレース。8月末に開幕を控えるブエルタ・ア・エスパーニャの前哨戦としても有名で、ジロ・デ・イタリアで総合優勝したリチャード・カラパス擁するモビスターやツール・ド・フランスを制したチームイネオスが優勝候補の筆頭で、山岳ステージはグランツール同等の非常にレベルの高い戦いになると予想されます。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、地元スペインのベテラン選手、フアンホセ・ロバトをキャプテンに若きコロンビア人クライマー、アレハンドロ・オゾリオの活躍にも期待がかかります。2つの本格的な山岳ステージのほかに、ロバトが得意とする登り基調のフィニッシュが組み込まれた平坦ステージも多く、区間優勝をめざしてベストを尽くしています。

日本人選手は西村大輝と、トレーニーの石上優大が出場。世界トップクラスの過酷な山岳ステージレースですが、チーム一丸となり戦い、また作戦次第では逃げにも積極的にチャレンジしていきます。

出場選手
西村大輝
石上優大(※トレーニー)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ジョアン・ボウ(スペイン)
イメリオ・チーマ(イタリア)
アレハンドロ・オゾリオ(コロンビア)
監督 ヴェレリオ・テバルディ、ステファノ・ガルゼッリ


西村大輝のコメント
今大会は、自分がトレーニーだった2017年に走ったレースで、当時は、このカテゴリーでの経験もないうえ、イタリア語も全くわからず、レースは当然のことながら、生活面もすごくドキドキしながら過ごしていたのを、今でも鮮明に覚えている。どのレースも記憶に残っているが、このレースは特に印象深く、思い入れも強い大会。 ただ完走しただけでヘロヘロになっていた2年前から、自分がどのように成長できているかを伺う良いチャンスにもなると思う。 精一杯の走りで、チームの力となれるように頑張りたい。


石上優大のコメント
ヨーロッパツアーのHCクラスは初めて走るので、正直、レースの想像が全くつきません。プロのレースですし、普段走っているアマチュアレースやU23のレースとは、スピードはもちろんのこと、レースクオリティや勝手なども違ってくると思います。 トレーニーとは言え、もちろんチームから求められるものもあると思いますので、与えられた仕事をしっかりこなし、培ってきた物を全て使って、レースを走ります。 あまり緊張せず、道を見失わないように頑張ります。


▶ レース情報
Vuelta a Burgos
ブエルタ・ア・ブルゴス

開催期間/2019年8月13日(火)〜17日(土)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/スペイン
ホームページ  https://www.vueltaburgos.com/
ツイッター https://twitter.com/VueltaABurgos
フェイスブック https://www.facebook.com/VueltaABurgos/
ハッシュタグ #VueltaBurgos

● チェコサイクリングツアー(8月15日〜18日)

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ初参戦となるチェコ共和国東部で開催される4日間のステージレース。初日の16kmTTTを除く3つのラインステージは、毎ステージ丘陵〜山岳地域でのアップダウンを繰り返すコース設定となっており、第2ステージは5つ、第3ステージは4つ、第4ステージは8つの山岳ポイントが設定されています。

チームは過去に同大会出場経験をもつ、中根英登と伊藤雅和ら、日本人メンバーを中心とした布陣で、ジロで区間優勝を挙げたダミアーノ・チーマとともにオールラウンドに戦っていきます。トレーニーとして加入した草場啓吾も即戦力として期待されています。また本大会には欧州遠征の最終戦として日本ナショナルチームも参戦予定です。

出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
草場啓吾(※トレーニー)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
監督 大門宏、アレッサンドロ・ドナーティ


伊藤雅和のコメント
まだにコンディションは上がってこず、悩みながら毎日を過ごしている。コーチに聞いても「今はこれでいい、これから上がってくる」ということなので、コンディションが上がってくるのを信じて、しっかり集中して走りきりたい。


吉田隼人のコメント
久々のヨーロッパでのレース。 早めにヨーロッパ入りし余裕を持ってレースまで調整しリラックスして過ごした。 前回のレースでは満足いく終わり方ができなかった分、今回のレースで自分自身の気持ちもリザルトでも満足いくようにしたい。


中根英登のコメント
久しぶりのヨーロッパのレースであり、久しぶりのステージレース。 復帰戦となったプレ五輪大会以降、初山選手らと高地トレーニングをして良いトレーニングを積むことができた。レースで戦える身体に戻ってきていると思う。 落車等のトラブルには最善の注意を払いながら、自分の力をしっかり発揮していきたい。


草場啓吾のコメント
ヨーロッパのレースは去年の春以来、エリートカテゴリーでは初めての参戦になります。 今までの経験からして、非常に高いレベルでレースが繰り広げられると思います。 そんな中、自分がどれだけ通用するのかチャレンジャーの気持ちで頑張りたいと思います。 また、チームに溶け込める用にコミュニケーションも積極的にとっていきたいと思います。


 レース情報
Czech Cycling Tour
チェコサイクリングツアー

開催期間/2019年8月15日(木)〜18日(日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/チェコ共和国
ホームページ  http://www.czechcyclingtour.cz/zavody/czech-cycling-tour/
フェイスブック https://www.facebook.com/CzechCyclingTour/

今後のレーススケジュール(予定)
8月12日〜18日 The Larry H.Miller Tour of Utah(アメリカ/UCIアメリカツアー2.HC)
8月13日〜17日 Vuelta a Burgos(スペイン/UCIヨーロッパツアー2.HC)
8月15日〜18日 Czech Tour(チェコ共和国/UCIヨーロッパツアー2.1)
8月21日〜24日 Tour du Limousin – Nouvelle Aquitaine(フランス/UCIヨーロッパツアー2.1)