RACE

【全日本選手権ロードレース/事前情報】青森で開催される日本チャンピオン決定戦に5選手が出場

2017年06月22日

6月25日(日曜日)に青森県階上(はしかみ)町にて、2017年の日本チャンピオンを決める全日本選手権ロードレースが開催されます。ふだんは伊日共同プロチームとして、日本人メンバーは外国人メンバーとともに戦っていますが、今大会だけは日本人メンバーのみでチームを編成。数多くの国際レースで培った強さやチームワークを武器に、日本チャンピオンのタイトルを掛けて一致団結。国内屈指のトップ選手を相手に戦います。

ロードレース、男子エリートカテゴリーのコースは起伏に富んだ14.0kmのコースを15周する210km。途中2ヶ所の急勾配な登坂区間が含まれています。またテクニカルな下り区間もあり、コースの難易度は高いといえます。また210kmという距離も国内レースではとても長いものとなります。

なお、23日(金曜日)に同じく青森県階上町で開催される全日本選手権ロードレース・個人タイムトライアルには、小林海が出場します。昨年はU23カテゴリーでタイムトライアル、ロードレースともに制しており、今年からエリートカテゴリーに上がりましたが、得意のタイムトライアルで日本一をめざして全力を尽くします。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
窪木一茂
中根英登
小石祐馬
小林海(※個人タイムトライアルにも出場)
監督:福島晋一


内間康平のコメント
チームにとっても、選手にとっても、
とても大切なチャンピオンを決めるレースがいよいよ目前に迫ってきた。
チームで力を合わせ、戦略等もしっかり考え、
同じ日に行われるイタリア選手権に出場するチームメイトたちに良い報告をしたい!
久しぶりに日本のファンの皆さんの前で走るのが楽しみです!
NIPPOヴィーニファンティーニの応援よろしくお願いします。


窪木一茂のコメント
誰にとっても大切なレースの1つ。
チームで協力して日本一を目指して走ります。
応援よろしくお願いします。


中根英登のコメント
前半戦の締めくくりとなるとても重要なレース。
とはいえ気負うことなく、それよりも
強いチームメイトとともにレースを走れることにワクワクしています。
チーム一丸となって日本一を獲れるよう、頑張ります!


小石祐馬のコメント
チームとして勝てる可能性を十分に感じている。
ツール・ド・コリアが終わって調整もバッチリ!
当日は皆で協力して勝利を目指します!


小林海のコメント
優勝という結果しか求めていないレース。
僕たちは勝つために日本に帰って来た。
勝つことだけを考えて走ります💪🏿


福島晋一監督のコメント
全日本選手権は2位以下だと意味のない、勝たないといけないレース。プロコンチネンタルチームとしてのプライドをかけて戦いたい。勝った経験をもつ窪木や昨年のU23ロードレースとタイムトライアルのチャンピオンで、若くてモチベーションの高い小林など、誰にでもチャンスがあるので、いかにレースを組み立てタイトルを獲得するか…うまくまとめていくのが自分の仕事になる。

コースは十分にハード。最後はサバイバルな展開になると思うし、このコースで勝った選手は真の日本チャンピオンと言えるだろう。

個人タイムトライアルにはマリノが出るが、これも優勝以外に価値はない。彼の若い未知数な強さに期待したい。調子は良さそうなので楽しみに思っている。

●レース情報
第86回 全日本選手権ロードレース
開催期間/2017年6月23日(金曜日)〜25日(日曜日)
カテゴリー/ナショナル選手権
開催地/青森県階上町

公式サイト  http://nationalchampionships-road.com
ツイッター  https://twitter.com/JCF_cycling
ハッシュタグ #全日本選手権ロード

6月23日(金)個人タイムトライアル
男子エリート 39km(13.0km x 3周)  ※小林海 13:31出走
6月25日(日)個人ロードレース
男子エリート 210km(14.0km x 15周) 8:00スタート

ライブ配信(無料の会員登録が必要です)
http://front.jsports-ondemand.com/p/

↓ 全日本選手権ロードレースで使用する14.0kmの周回コース

RACE

【ツアー・オブ・スロベニア/事前情報】山頂ゴールを含むスロベニア最大のステージレースに内間康平が参戦

2017年06月13日

6月15日(木)から18日(日)まで4日間で開催されるイタリアの隣国スロベニア最大の国際レース「ツアー・オブ・スロベニア(UCIヨーロッパツアー2.1)」にNIPPOヴィーニファンティーニが強力な布陣で挑みます。

「ツアー・オブ・スロベニア」は1993年より開催されている大会で、今年で24回目の開催となります。5つのUCIワールドチーム、5つのプロコンチネンタルチームを含む19チームが出場します。


4日間のステージレースですが、総合成績を決定づける1級山岳での山頂ゴールが第3ステージに組み込まれました。フィニッシュラインへ向けた13.5km登坂区間の平均勾配は7.5%となっており、NIPPOヴィーニファンティーニは、登坂力に優れるであるイヴァン・サンタロミータやアレッサンドロ・ビソルティ、そして鎖骨骨折から順調な仕上がりをみせるダミアーノ・クネゴの走りに期待がかかります。ゴールスプリントではマルコ・カノラが軸となり、調子のよいイウリィ・フィロージも貪欲に勝利を狙います。

日本人選手は25日(日)の全日本選手権ロードレースに出場予定の内間康平が参戦。アシストとしてチームの勝利に貢献する走りが期待されていますが、内間は前回、2011年の出場時に落車に巻き込まれ、悔しさが残る結果となっており、今回はそのリベンジを図るとともに、全日本選手権に向けてコンディションを仕上げていきます。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ、福島晋一


内間康平のコメント
ようやくイタリアも気温が上がり、夏のような日々が続いてるここ最近。
自分のコンディションも上がってきているし、
なによりこのレースは、2011年にも出場した思い出深いレース。
4ステージ、気合いを入れて頑張っていきたい!

●レース情報
Tour of Slovenia(ツアー・オブ・スロベニア)
開催期間/2017年6月15日(木曜日)〜18日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/スロベニア(日本との時差7時間)

公式サイト  http://www.tourofslovenia.si/sl
ツイッター https://twitter.com/TourOfSlovenia
フェイスブック https://www.facebook.com/dirka.po.sloveniji/
ハッシュタグ #TourOfSlovenia #fightforgreen

6月15日 Stage 1 – Koper › Kocevje (159.4k)
6月16日 Stage 2 – Ljubljana › Ljubljana (169.9k)
6月17日 Stage 3 – Celje › Rogla (167.7k)
6月18日 Stage 4 – Rogaska Slatina › Novo Mesto (160k)

RACE

【ツール・ド・コリア/事前情報】隣国韓国の伝統レース、窪木と小石が全日本選手権を見据えて参戦

2017年06月12日

6月14日(水曜日)〜18日(日曜日)の5日間にわたり、韓国を舞台に「ツール・ド・コリア」が開催されます。近年は全8ステージとして開催されていましたが、今年は全6ステージに短縮されました。しかし大会クラスは今までと変わらず、UCIアジアツアー2.1クラスとして開催され、5つのプロコンチネンタルチームを含む、全20チームが出走します。

ソウルでの最終ステージが距離の短い完全な平坦ステージとなりますが、それ以外の第1ステージから第4ステージまでは、1つ以上のカテゴリー山岳を含む、ややアップダウンのあるコース設定となっています。しかし、1級山岳以上の厳しい山岳は組み込まれておらず、集団ゴールスプリントの展開が多くなると予想されています。山頂ゴールは設定されていません。昨年大会では、福島晋一監督のもと、グレガ・ボーレ(現バーレーン・メリダ)が総合優勝を挙げており、今大会、チームは昨年の優勝チームとして参戦します。

NIPPOヴィーニファンティーニは、ニコラス・マリーニと窪木一茂がゴールスプリントでのエースを務め、ジャコーモ・ベルラートや小石祐馬が逃げ切りの展開を狙い、ピエールパオロ・デネグリがキャプテンを担います。日本とイタリア、それぞれ6月25日(日曜日)にその国のナンバーワンを決めるナショナル選手権が控えており、そこに向けても、とても大切なレースとなります。


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
小石祐馬
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:ヴァレリオ・テバルディ


窪木一茂のコメント
ツール・ド・コリアは初出場だが、日本にも近く馴染みがあり、楽しみなレース。
NIPPOヴィーニファンティーニのメンバー編成的にも
ゴールスプリントになることが予想されるので、
ゴール前ではチームメートたちと上手に連携を取り合い、
ステージ優勝を目指していきたい。
全日本選手権も控えているので、調子を上げていけるようなレースにしたい。


小石祐馬のコメント
ツール・ド・コリアは3年前に一度だけ出場したことがある大会。
その頃よりも成長してるので、当時よりもさらにできることはたくさんある。
全日本選手権前の最後のレースになるので、
全日本に向けて弾みをつけれるような走りと結果を目指したい。

●レース情報
Tour de Korea(ツール・ド・コリア)
開催期間/2017年6月14日(水曜日)〜18日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/韓国(日本との時差なし)

公式サイト  http://www.tourdekorea.or.kr/tdk2017/elite/index.asp
ツイッター https://twitter.com/TourdeKoreaEN
フェイスブック https://www.facebook.com/TourdeKorea
ハッシュタグ #TDK2017

6月14日 Stage 1 – Yeosu › Gunsan (216.9k)
6月15日 Stage 2 – Gunsan › Muju (156.8k)
6月16日 Stage 3 – Muju › Yeongju (167.8k)
6月17日 Stage 4 – Yeongju › Chungju (156k)
6月18日 Stage 5 – Seoul › Seoul (65k)