RESULT

【全日本選手権ロードレース/個人タイムトライアル】エリートカテゴリー1年目の小林海が5位入賞

2017年06月23日

6月23日(金曜日)、全日本選手権ロードレース・個人タイムトライアルが青森県階上町で開催されました。男子エリートは1周13.0kmの周回コースを3周回する39.0kmで、30選手が日本一のタイトルをかけて出走しました。

昨年、U23カテゴリーで優勝している小林海は今年からエリートカテゴリーでの出走となり、ベストを尽くしましたが勝者には及ばず、トップから1分2秒25差の5位でフィニッシュしました。

大会は25日(日曜日)に同じく青森県階上町にて、個人ロードレースが210kmで開催されます。個人ロードレースは小林に加え、内間康平、窪木一茂、中根英登、小石祐馬の全5選手が出場し、チームで力を合わせて国内最高峰の大会に挑みます。引き続き、応援よろしくお願いします。



小林海のコメント
この距離のタイムトライアルを走るのは初めてのこと。
ペース配分など改善点しか見つからないが、
西薗さんや日本のトップ選手との差を実感できたのはよかった。
来年までにその差を突き詰めていきたい。
明後日のロードレースでは、必ず勝ちたい💪🏿

●リザルト
1 西薗良太(チームブリヂストンアンカー) 49分39秒76
2 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) 49分55秒04 +0秒15.28
3 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 49分56秒41 +0秒16.65
4 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) 50分01秒61 +0秒21.85
5 小林海(NIPPOヴィーニ) 50分42秒01 +1秒02.25
6 渡邊翔太郎(愛三工業レーシング) 50分59秒69 +1秒19.93
7 入部正太朗(シマノレーシング) 51分06秒45 +1秒26.69
8 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) 51分07秒30 +1秒27.54

●レース情報
第86回 全日本選手権ロードレース
開催期間/2017年6月23日(金曜日)〜25日(日曜日)
カテゴリー/ナショナル選手権
開催地/青森県階上町

公式サイト  http://nationalchampionships-road.com
ツイッター  https://twitter.com/JCF_cycling
ハッシュタグ #全日本選手権ロード

6月23日(金)個人タイムトライアル
男子エリート 39km(13.0km x 3周)  ※小林海 13:31出走
6月25日(日)個人ロードレース
男子エリート 210km(14.0km x 15周) 8:00スタート

ライブ配信(無料の会員登録が必要です)
http://front.jsports-ondemand.com/p/

↓ 全日本選手権ロードレースで使用する14.0kmの周回コース

RESULT

【ツアー・オブ・スロベニア/第4ステージ】チーム総合優勝獲得、内間は大事を取り未出走

2017年06月19日

6月18日、4日間にわたり開催されたツアー・オブ・スロベニアの最終日となる第4ステージがRogaska SlatinaからNovo Mestoまでの160kmで開催されました。途中3級山岳が含まれていますが、平坦基調となっており、集団ゴールスプリントの展開となり、マルコ・カノラが9位でフィニッシュしました。

4日間のレースを終えて、イヴァン・サンタロミータが個人総合成績9位、またダミアーノ・クネゴが11位、マルコ・カノラが21位と続き、各チーム総合成績上位3選手の合計によって決まるチーム総合成績において、NIPPOヴィーニファンティーニは出場全19チーム中トップに立ち、チーム総合優勝を獲得しました。

第3ステージの下り区間で落車した内間康平は、全日本選手権ロードレースを見据えたうえで、この日は大事をとって出走せず。速やかな回復と休息に努め、25日に開催される全日本選手権に次なる目標を定めます。



内間康平のコメント
昨夜はこれなら走れる、と思っていたが、
夜中から痛み出しほとんど寝れず、結局そのまま朝を迎えたので、
監督と相談し最終ステージを走らずにこのレースを終えることになった。
今はとにかく回復に専念し、
来週の全日本選手権に向けてコンディションを上げていきたい!

●リザルト
第4ステージ
1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe 3:41:48
2 CAVENDISH Mark Dimension Data
3 COLBRELLI Sonny Bahrain Merida Pro Cycling Team
9 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
50 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
62 CUNEGO Damiano NIPPO – Vini Fantini
77 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini
95 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini
97 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini
108 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +0:50
未出走 UCHIMAKoheiNIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 MAJKA Rafał BORA – hansgrohe 15:56:23
2 VISCONTI Giovanni Bahrain Merida Pro Cycling Team +0:07
3 HAIG Jack ORICA-Scott 0:17
9 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +1:14
11 CUNEGO Damiano NIPPO – Vini Fantini +1:34
21 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +4:40
23 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +5:09
37 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +8:44
47 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +16:19
106 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +28:34

チーム総合成績
1 NIPPO – Vini Fantini 47:55:44
2 Sangemini – MG.Kvis +0:53
3 Androni Giocattoli +3:34

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ、福島晋一

●レース情報
Tour of Slovenia(ツアー・オブ・スロベニア)
開催期間/2017年6月15日(木曜日)〜18日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/スロベニア(日本との時差7時間)

公式サイト  http://www.tourofslovenia.si/sl
ツイッター https://twitter.com/TourOfSlovenia
フェイスブック https://www.facebook.com/dirka.po.sloveniji/
ハッシュタグ #TourOfSlovenia #fightforgreen

6月15日 Stage 1 – Koper › Kocevje (159.4k)
6月16日 Stage 2 – Ljubljana › Ljubljana (169.9k)
6月17日 Stage 3 – Celje › Rogla (167.7k)
6月18日 Stage 4 – Rogaska Slatina › Novo Mesto (160k)

RESULT

【ツール・ド・コリア/第5ステージ】ソウルでの最終ステージは小石が逃げ、マリーニが7位入賞

2017年06月19日

6月18日に最終日となるツール・ド・コリア第5ステージが首都ソウルのオリンピックパーク近郊で開催されました。65kmの平坦なショートステージで、コースは漢江沿いを往復し、最後は1周5.1kmの小さな周回コースを4周回するものでした。

レースリーダー擁するソウルサイクリングの集団コントロールでレースが進んでいきましたが、中盤になり小石祐馬を含む6選手の逃げが決まり、周回コースに入り、2選手となっても小石は逃げ続けましたが、最後の中間スプリントポイントを前に集団に吸収。その後、スプリントポイントを過ぎてから、ジャコーモ・ベルラートがカウンターアタックを仕掛けて先行。2選手で若干のタイム差を稼ぎましたが、ゴールスプリントに向けて加速を続けるメイン集団に彼らも吸収されました。

その後は、ニコラス・マリーニをエースとし、NIPPOヴィーニファンティーニはトレインを形成。残り2km地点まで窪木一茂も牽引に大きく貢献しますが、加速のタイミング等が合わなかったこともあり、マリーニは先頭に出切れず、7位という成績で最終ステージを終えました。

今大会、上位入賞は複数回あったものの、勝利にはあと一歩及びませんでした。課題や反省点をチームで共有し、選手たちは来週末、イタリアと日本、それぞれのナショナル選手権へと挑みます。窪木一茂と小石祐馬のコンディションは良く、帰国後すぐに全日本選手権ロードレース(6月25日)開催地となる青森へと向かう予定です。

引き続き、応援よろしくお願いします。


窪木一茂のコメント
マリーニのスプリントで勝負を挑んだ。
リーダーチームが終始コントロールを行い、そして5kmの周回へ入った。
今日もデネグリのそばで走り、彼から指示を受けながら走る。
ラスト2kmまで風避けとして走り、デネグリに託した。
結果、マリーニが7位でゴール。
…僕はペースが上がる前へ上がり良いポジションを確保したくて、
何度も何度も…「前に上がろうか?!」と言ったものの、列車は後方発進で、
風も吹いていて、 結局マリーニは前へ上がれずにレースが終了。
今日はチームプレーが上手く噛み合わなかった。
ちゃんとスプリントのトレインを組めるメンバーならば勝率は高かったはずだ。
改善が必要だと思った。
レース後すぐに皆で話し合いしっかり反省をした。
5日間のツール・ド・コリア、応援ありがとうございました。


小石祐馬のコメント
65キロの短い平坦ステージ。
高速レースで、最後はスプリントになることが予想されたので、
マリーニでスプリントを狙っていった。
レースは基本的にリーダーチームがコントロールするが、
アタック合戦のおかげでペースは安定しない。
レースが半分くらい経過してから、6人で抜け出すことに成功した。
そこからは協調して進むが、後ろのほうが勢いがあるので終盤に捕まる。
その後はベルラートが2人で抜け出し、少しのタイム差を稼ぐがすぐに捕まり、
最後はスプリントへ。
窪木さん、デネグリ、スタキオッティ、マリーニの4人で挑むを上手く噛み合わず、
結果としては残念だった。
5日間通して自分は調子の良さを確認できたのでよかった。

●リザルト

第5ステージ
1 JONES Brenton JLT Condor 1:18:48
2 SUNDERLAND Scott IsoWhey Sports SwissWellness team
3 LOWNDES Jason Israel Cycling Academy
7 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini
36 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
46 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
55 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
61 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
89 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 MIN Kyeongho Seoul Cycling Team 17:47:46
2 AVILA Edwin Team Illuminate +0:07
3 GIDICH Yevgeniy Vino – Astana Motors +0:08
20 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +2:03
35 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +3:15
46 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +9:42
89 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +31:36
90 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +31:37
102 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini +39:24


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
小石祐馬
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:ヴァレリオ・テバルディ

●レース情報
Tour de Korea(ツール・ド・コリア)
開催期間/2017年6月14日(水曜日)〜18日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/韓国(日本との時差なし)

公式サイト  http://www.tourdekorea.or.kr/tdk2017/elite/index.asp
ツイッター https://twitter.com/TourdeKoreaEN
フェイスブック https://www.facebook.com/TourdeKorea
ハッシュタグ #TDK2017

6月14日 Stage 1 – Yeosu › Gunsan (216.9k)
6月15日 Stage 2 – Gunsan › Muju (156.8k)
6月16日 Stage 3 – Muju › Yeongju (167.8k)
6月17日 Stage 4 – Yeongju › Chungju (156k)
6月18日 Stage 5 – Seoul › Seoul (65k)

PHOTO (C) Kim Daebong / VELO PAPER