RACE

【全日本選手権ロードレース/事前情報】青森で開催される日本チャンピオン決定戦に5選手が出場

2017年06月22日

6月25日(日曜日)に青森県階上(はしかみ)町にて、2017年の日本チャンピオンを決める全日本選手権ロードレースが開催されます。ふだんは伊日共同プロチームとして、日本人メンバーは外国人メンバーとともに戦っていますが、今大会だけは日本人メンバーのみでチームを編成。数多くの国際レースで培った強さやチームワークを武器に、日本チャンピオンのタイトルを掛けて一致団結。国内屈指のトップ選手を相手に戦います。

ロードレース、男子エリートカテゴリーのコースは起伏に富んだ14.0kmのコースを15周する210km。途中2ヶ所の急勾配な登坂区間が含まれています。またテクニカルな下り区間もあり、コースの難易度は高いといえます。また210kmという距離も国内レースではとても長いものとなります。

なお、23日(金曜日)に同じく青森県階上町で開催される全日本選手権ロードレース・個人タイムトライアルには、小林海が出場します。昨年はU23カテゴリーでタイムトライアル、ロードレースともに制しており、今年からエリートカテゴリーに上がりましたが、得意のタイムトライアルで日本一をめざして全力を尽くします。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
窪木一茂
中根英登
小石祐馬
小林海(※個人タイムトライアルにも出場)
監督:福島晋一


内間康平のコメント
チームにとっても、選手にとっても、
とても大切なチャンピオンを決めるレースがいよいよ目前に迫ってきた。
チームで力を合わせ、戦略等もしっかり考え、
同じ日に行われるイタリア選手権に出場するチームメイトたちに良い報告をしたい!
久しぶりに日本のファンの皆さんの前で走るのが楽しみです!
NIPPOヴィーニファンティーニの応援よろしくお願いします。


窪木一茂のコメント
誰にとっても大切なレースの1つ。
チームで協力して日本一を目指して走ります。
応援よろしくお願いします。


中根英登のコメント
前半戦の締めくくりとなるとても重要なレース。
とはいえ気負うことなく、それよりも
強いチームメイトとともにレースを走れることにワクワクしています。
チーム一丸となって日本一を獲れるよう、頑張ります!


小石祐馬のコメント
チームとして勝てる可能性を十分に感じている。
ツール・ド・コリアが終わって調整もバッチリ!
当日は皆で協力して勝利を目指します!


小林海のコメント
優勝という結果しか求めていないレース。
僕たちは勝つために日本に帰って来た。
勝つことだけを考えて走ります💪🏿


福島晋一監督のコメント
全日本選手権は2位以下だと意味のない、勝たないといけないレース。プロコンチネンタルチームとしてのプライドをかけて戦いたい。勝った経験をもつ窪木や昨年のU23ロードレースとタイムトライアルのチャンピオンで、若くてモチベーションの高い小林など、誰にでもチャンスがあるので、いかにレースを組み立てタイトルを獲得するか…うまくまとめていくのが自分の仕事になる。

コースは十分にハード。最後はサバイバルな展開になると思うし、このコースで勝った選手は真の日本チャンピオンと言えるだろう。

個人タイムトライアルにはマリノが出るが、これも優勝以外に価値はない。彼の若い未知数な強さに期待したい。調子は良さそうなので楽しみに思っている。

●レース情報
第86回 全日本選手権ロードレース
開催期間/2017年6月23日(金曜日)〜25日(日曜日)
カテゴリー/ナショナル選手権
開催地/青森県階上町

公式サイト  http://nationalchampionships-road.com
ツイッター  https://twitter.com/JCF_cycling
ハッシュタグ #全日本選手権ロード

6月23日(金)個人タイムトライアル
男子エリート 39km(13.0km x 3周)  ※小林海 13:31出走
6月25日(日)個人ロードレース
男子エリート 210km(14.0km x 15周) 8:00スタート

ライブ配信(無料の会員登録が必要です)
http://front.jsports-ondemand.com/p/

↓ 全日本選手権ロードレースで使用する14.0kmの周回コース

RESULT

【ツアー・オブ・ジャパン/第8ステージ東京】中根英登が逃げ切り8位、カノラがポイント賞を獲得

2017年05月31日

8日間にわたり開催されてきた国内最大の自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の最終ステージが、5月28日、東京の日比谷公園前からスタートし、大井埠頭の特設コースにてフィニッシュを迎えました。

東京ステージは完全にフラットな112.7kmのコースで、大部分は大井埠頭に設定された7kmの周回コースを使って開催されます。昨ステージを終えた時点で、マルコ・カノラはポイント賞を確定させており、最終日、NIPPOヴィーニファンティーニは区間優勝をめざしてのスタートとなりました。

スタートよりカノラをはじめ、NIPPOヴィーニファンティーニが積極的に動き、エスケープを図ります。しかし、集団のマークが厳しく抜け出せずにレースは中盤を迎えました。そのなかで3回設定されていた中間スプリントのうち、最初の2回をカノラが首位通過。ボーナスタイムを合計6秒獲得。個人総合成績を10位から8位にジャンプアップさせることに成功しました。

そして、2回目の中間スプリントポイントを過ぎると、ようやく中根英登を含む13名のエスケープが決まり、集団から先行します。途中ユナイテッドヘルスケアの選手が後方に下がりましたが、11名となった先頭集団はペースを一切緩めず、逆に先頭を追うメイン集団では最終周回に入っても先頭を捉えることができず、バーレーン・メリダのヨン・イラストルサ(スペイン)がロングスパートを仕掛け逃げ切り勝利。先頭の2選手を除いて、リザルト上は集団に追いつかれる形となりましたが、中根は着順を守り、区間8位でフィニッシュしました。

区間優勝できなかったことから、チームとしては悔しさの残る結果となりましたが、最後まで攻めの姿勢をお見せすることができ、大会を通じて区間3勝、ポイント賞獲得と素晴らしい結果を残しました。また3名の日本人選手もチームの好成績に大きく貢献。それぞれに成長を実感し、強いイタリア人選手たちから多くのことを学ぶ有意義な大会となりました。


大門宏監督のコメント
すでにポイント賞ジャージを確定させているカノラは、最終日はアタックしまくって勝っても負けても悔いのないレースをしたいと、タイヤがスリップして煙が立ち込めるほど(!?)意気込んでいた。エスケープグループに乗ることが得意なキャプテンのマランゴーニも連携を図りながら狙っていた。中根、窪木にもそのことを確認してスタートを切った。

レース開始早々、開けっぴろげに積極的に攻めるカノラに、逃げに乗りたいメンバーも多いのか、これまでの東京ステージとは違い、メイングループのスピードが全く落ちないのが印象的だった。どのアタックもカノラ、NIPPOのメンバーが入ってる場面が多く、全く容認されない状況が中盤まで続いた。

道幅が広過ぎるフラットコースでエスケープを成功させる鍵は、良くも悪くも勢いのタイミングと送り込まれたメンバー次第。他チームの日本人選手の脚質を知っている中根、窪木もチームの連携プレーに効率よく動いていたようだった。もちろん果敢に、強引に攻めるカノラの姿勢はチームカーから見守っていてじつに頼もしい存在だった。

レース中盤、総合圏外のメンバーでのエスケープが成功したかに見えた局面もあったが、なぜかリーダーチームが焦って追撃し吸収。これはあくまでもリーダーチームではない監督の言う結果論だが、あそこは容認してイーブンペースでローテーションしていたほうがリーダーチームにとっては楽で安全だったと思う。

そんなことを予測される展開とともに選手に無線で説明しながら迎えた後半、メイングループ前方で衰えることなく、すきがあればアタックと追撃を繰り返すカノラを横目に、利害関係が一致した十数名のエスケープグループが形成された。そこに中根が入るが、エスケープグループのメンバー構成を見るかぎりチーム的にはもう1名乗せたかった状況だ。リーダーチームにとっては僅差で脅かすメンバーは入っておらず、ステージを狙っていたであろうユナイテッドヘルスケアが入っていたので「この展開はゴールまで行く」と思ったが、彼らのエーススプリンターのヘドがメイングループにいたこともあり、せっかく送り込んだメンバーをメイングループに戻してしまった(チームの作戦としては間違ってない戦法の1つ)。

そこから利害関係が一致したメンバーによるメイングループの追撃が開始された。中根には極力体力を温存させて、最後の最後に試みられるであろうアタック(バーレーンの若手には気をつけろと伝えていた)に反応することの重要性を伝えた。カノラも無線で何度も「温存するように」中根に伝える。

エスケープグループが強いのか、追撃したい牽引メンバーに勢いがないのか読めないまま迎えた終盤で、バーレーンの若手が決死のアタックを仕掛けた!そのまま逃げ切り、チームにとっても今大会初めて価値ある1勝を挙げた。

中根はギリギリメイングループには吸収されなかったが、前半からメイングループ前方で積極的にカノラと共に果敢に動き回っていたので、結果的にエスケープグループに入った時点でキツかったのだろう。彼自身責任感に満ちていたと思うが、今日のチームのミッションとしては前半からカノラと一緒に積極的に展開に参加していた彼にゴールの結果を求めるのは酷だった。次回は自身が最後にアタックし勝たなければダメだと心に誓ったはずだ。

エスケープを成功させたかったマランゴーニも悔しさが残ったステージだったが、イタリア人選手がレース後語っていた主な内容は「日本人選手はここまで果敢に反応し動けるのに、なぜ昨日の伊豆ステージでは動かなかったのか?」「伊豆ステージの時にこのくらい日本人選手が積極的に動けてれば展開も違ってんじゃないか?」。

少なくとも彼らより日本のレースを知り尽くしている自分の見解はこうだ。例年語り継がれている伊豆ステージでの「失格/足切り」(OTL)を懸念している日本チームが多い現状。ここのコースが得意な、登りに自信のある日本人選手もいるが、チームメイトをかばって、極力待ちの姿勢(ペース的に失格者を最小限に抑えられる可能性が見込まれる)で厳しい展開を避けたかった。富士山で総合リーダーとなる選手が登りで桁外れの実力を発揮したため、警戒して動く勇気がなかった。もし失速覚悟で積極的に動いて、結果的に最終日の東京ステージでスタートできないのは痛い…。

思いつくことは以上だが、単に前日の過労が影響しただけだった可能性も否定できないだろう。もちろんこういう見解に納得するイタリア人メンバー、我々の日本人メンバーはいなかったが、キャプテンのマランゴーニもあと何回か日本のこのレベルでのレースを走れば解ってくれるだろう。しかし、わかったからと言って選手の出世(世界ランキングを志す意味で)に役に立つとは思いたくないが。今回の総括は追って書かせて頂きたい。

●リザルト
第8ステージ
1 INSAUSTI Jon Ander Bahrain Merida Pro Cycling Team 2:14:47
2 ABE Takayuki Utsunomiya Blitzen
3 OKUBO Jin Bridgestone Anchor Cycling Team +0:05
8 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
16 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
19 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
29 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
35 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 PUJOL Oscar Team UKYO 19:00:52
2 EARLE Nathan Team UKYO +1:40
3 POURHASHEMI Hamid Tabriz Shahrdary Team +1:42
8 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +3:12
10 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:21
16 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +6:10
28 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +21:57
39 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +33:26


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ
イヴァン・サンタロミータ
マルコ・カノラ
伊藤雅和  ※第5ステージでリタイア
監督:大門 宏

出場選手の経歴詳細はホームページをご覧ください。
http://teamnippo.jp/team/

●レース情報
NTN presents 20th Tour of Japan(NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン)
開催期間/2017年5月21日(日曜日)〜28日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー 2.1
開催国/日本

公式サイト http://www.toj.co.jp/2017/
ツイッター  https://twitter.com/tourofjapan
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofjapan/
ハッシュタグ #TOJ2017

5月21日(日)第1ステージ【堺】2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(月)第2ステージ【京都】105km
5月23日(火)第3ステージ【いなべ】127km
5月24日(水)第4ステージ【美濃】139.4km
5月25日(木)第5ステージ【南信州】123.6km
5月26日(金)第6ステージ【富士山】11.4km ヒルクライム
5月27日(土)第7ステージ【伊豆】122km
5月28日(日)第8ステージ【東京】112.7km
総走行距離  743.75km  総獲得標高12,291m

 

RESULT

【ツアー・オブ・ジャパン/第7ステージ伊豆】カノラが追走を図り、区間3位でフィニッシュ

2017年05月28日

5月27日、静岡県伊豆の国市にある日本サイクルスポーツセンターにて、ツアー・オブ・ジャパン第7ステージ【伊豆】が開催されました。たくさんのコーナーやアップダウンを繰り返す1周12.2kmのサーキットを10周回する122kmのステージで、獲得標高の合計は3750mと、富士山を頂上まで登るのと同じくらいの厳しい登坂が特徴のコースにもなっています。

NIPPOヴィーニファンティーニは区間優勝に焦点を絞り、スタート。4選手が先行する展開となり、連続するアップダウンでメイン集団も周回数を重ねるごとに小さくなっていきました。そして、終盤を迎えた6周回目、メイン集団から追走をかける動きがあり、7周回目に入るところで、マルコ・カノラが単身でアタックを仕掛けました。その後、フェン・チュンカイ(台湾、バーレーン・メリダ)が合流し、懸命に前を追います。

先頭集団もその頃には崩壊し、マルコス・ガルシア(スペイン、キナン)が単独で先頭を走ります。最終周回に入り、カノラは決死の追い上げを図りましたが、逃げていた2選手を交わしましたが、勝者となるガルシアや二番手のクリス・ハーパー(オーストラリア、アイソウェイ)には届かず、ステージ3位でフィニッシュ。勝利することはできませんでしたが、勇気ある攻撃的な走りは見るものを沸かせました。

また区間3位でフィニッシュしたことにより、ボーナスポイントを16点獲得。合計で109ポイントとし、2位の選手から41点のリードを獲得、最終日を前にポイント賞をほぼ確定させました(東京ステージでの設定ポイントは中間スプリントポイント首位5点x3、フィニッシュポイント首位25点=合計40点)。また個人総合成績も15位から10位にジャンプアップしています。


中根英登のコメント
今日の脚の調子は悪くなかったが、自分がアタックをするべきとこで、
カノラに行かせてしまったりと判断力が冴えてなかった。
自分がチームの攻撃の流れに乗ってアタックできたのは1度のみ。
“勝つためには”どう動けば良かったのか? なぜあの場面で躊躇してしまったのか?
反省&課題の残るステージでした。
今日のステージを自力で3位に入ったカノラの果敢な走りには学ぶべきことがあったし、
レース後にマランゴーニやカノラと今日の振り返りをして、また1つ勉強させてもらいました。
最終日である東京ステージも、チーム一丸となって頑張ります!


大門宏監督のコメント
今日はスタートからアタック合戦の厳しいレースを予測し、
想定される展開を選手と確認しスタート。
総合上位の潰し合いのハイスピードな展開を期待していたのだが、
アッサリと総合完全圏外の4人のエスケープが容認されてしまったのは意外だった。
メイングループはリーダーチームがゆっくりローテーションをしてるだけで、
他のチームは一切動かなかった。 総合を守りたいリーダーチームにとっては絶好の展開。
本気で総合逆転を狙ってるチームはゼロ??それとも過労困憊??
リーダーチームを苦しめ不利な展開に持ち込むことをまるで諦めてるような雰囲気を感じた。
リーダーチームにとってこんなラクな展開はないよな..とか無線で選手に伝えなが状況、展開の予測を伝えた。
迷ってるチーム、誰かが口火を切るのを待ってるチームは多いはずなので、
総合を狙える圏外の我々が追走のきっかけを作るべく、
先頭の4名と4分開いたタイミングでマランゴーニ、窪木が先行しペースアップ、
中根、サンタロミータ、カノラと続いた。
一気にペースアップするが、他のチームも疲れてるのかなかなか続かない…。
カノラ的にはもっとチームで交互にアタックして、
リーダーチームを苦しめる展開に持ち込みたかったようだが
中根もペースアップのアシストに苦しんでいるようだった。
サンタロミータも脚質的に「かき回す」タイプではない。
そうこうしてるうちにカノラ自身が痺れを切らして
単独で「強引に」アタックを開始。 何回かトライしたあと、彼の追走の一人旅が始まった。
そこからの追走劇は圧巻で、前を行くメンバーを一人一人キャッチ。
後続とのタイム差もドンドン引き離し、総合上位の連中もなぎ倒す勢いだった。
最後は先頭には届かなかったものの3位に入り大きなポイントもゲット、
ポイント賞争いで2位以下を大きく引き離すことに成功した。
彼のターザンの様な勇気溢れる力強い走りには再び感動させられた。
自分もチームメイトも彼から多くのことを学んだ厳しいステージだった。

●リザルト
第7ステージ
1 GARCIA Marcos Kinan Cycling Team 3:30:53
2 HARPER Chris IsoWhey Sports SwissWellness team +1:39
3 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +1:52
11 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +4:17
12 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
40 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +15:19
41 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 PUJOL Oscar Team UKYO 16:45:48
2 POURHASHEMI Hamid Tabriz Shahrdary Team +1:42
3 EARLE Nathan Team UKYO +1:52
10 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +3:30
11 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:33
17 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +6:22
30 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +22:09
41 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +33:38


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ
イヴァン・サンタロミータ
マルコ・カノラ
伊藤雅和  ※第5ステージでリタイア
監督:大門 宏

出場選手の経歴詳細はホームページをご覧ください。
http://teamnippo.jp/team/

●レース情報
NTN presents 20th Tour of Japan(NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン)
開催期間/2017年5月21日(日曜日)〜28日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー 2.1
開催国/日本

公式サイト http://www.toj.co.jp/2017/
ツイッター  https://twitter.com/tourofjapan
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofjapan/
ハッシュタグ #TOJ2017

5月21日(日)第1ステージ【堺】2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(月)第2ステージ【京都】105km
5月23日(火)第3ステージ【いなべ】127km
5月24日(水)第4ステージ【美濃】139.4km
5月25日(木)第5ステージ【南信州】123.6km
5月26日(金)第6ステージ【富士山】11.4km ヒルクライム
5月27日(土)第7ステージ【伊豆】122km
5月28日(日)第8ステージ【東京】112.7km
総走行距離  743.75km  総獲得標高12,291m