RACE

【ツアー・オブ・クロアチア/事前情報】アドリア海沿いの美しい国土を巡る6日間の難関ステージレースに窪木と小石が出場

2017年04月14日

4月18日から23日まで6日間にわたり、クロアチアで開催されるステージレース「ツアー・オブ・クロアチア」にNIPPO・ヴィーニファティーニが初参戦します。日本人選手は、台湾とタイ、アジアでの転戦を終えた窪木一茂と、ベルギー・オランダ方面でのレースに出場し、イタリアにてトレーニングを積んでいた小石祐馬がメンバー入りしました。

東ヨーロッパのアドリア海沿いに位置するクロアチア各地を巡る大会で、今年で3回目の開催と、その歴史は浅いながらも、開幕を控えるジロ・デ・イタリアの前哨戦としても注目され、今年はバーレーン・メリダ、アスタナ、トレック・セガフレード、UAEチームエミレーツの4つのUCIワールドチームや、7つのプロコンチネンタルチームなど全20チームが出走します。

完全なフラットなコース設定は、第1ステージと第6ステージのみ。第3、第4ステージはカテゴリー山岳を含む丘陵ステージで、第2、第5ステージは超級山岳にゴールする厳しい山岳ステージとなっています。とくに第2ステージは、ラスト約30kmから登坂区間が始まり、海岸線沿いから標高約1800mの超級山岳BIOKOVOまで一気に駆け上がる本格的な山岳コースになっています。


図: ツアー・オブ・クロアチア第2ステージのコースプロフィール

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
小石祐馬

アラン・マランゴーニ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ、大門宏


窪木一茂のコメント
クロアチアのレースは平坦ステージが多いので自分の力を活かせると思います。
久しぶりのヨーロッパでのレースになるので、
自分の調子の確認と、チームの勝利に貢献する走りを目指します。
応援よろしくお願いします。


小石祐馬のコメント
前回のレースから少し期間が空いたので、しっかりと練習ができました。
6日間のレース、しっかりと期待に応えれるように頑張ります。


ステファノ・ジュリアーニ監督のコメント
ツアー・オブ・ジ・アルプスとの同時期開催となるため、正直、自分たちには第2、第5ステージの山頂フィニッシュで勝負をするピュアクライマーがいない。なので、集団スプリントになるであろう第1ステージと第6ステージに照準を絞り、集中して戦いたいと思っている。スプリントでエースを担うのはグロスと、コンディションによって(ジロ・デル・アッペニーノで落車し負傷した)カノラにも期待をしたい。第3、第4ステージは、ぜひ逃げにマランゴーニや小石を乗せて、チャンスを掴んでいきたい。


●レース情報
Tour of Croatia(ツアー・オブ・クロアチア)
開催期間/2017年4月18日(火曜日)〜23日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/クロアチア(日本との時差 マイナス7時間)

公式サイト www.tourofcroatia.com
公式フェイスブック www.facebook.com/TourOfCroatiaRace 
公式ツイッター twitter.com/tour_of_croatia 
ハッシュタグ #TOC2017

4月18日 Stage 1 – Osijek › Koprivnica (227k)
4月19日 Stage 2 – Trogir › Biokovo (sv. Jure) (123k)
4月20日 Stage 3 – Imotski › Zadar (237k)
4月21日 Stage 4 – Crikvenica › Umag (171k)
4月22日 Stage 5 – Porec › Ucka (141k)
4月23日 Stage 6 – Samobor › Zagreb (147k)

RACE

【ヴォルタ・リンブルグ・クラシック/事前情報】オランダ丘陵地帯を舞台にしたワンデイレースに小石祐馬が出場

2017年03月31日


4月1日にオランダ南部で開催されるワンディレース「ヴォルタ・リンブルグ・クラシック(UCIヨーロッパツアー1.1)」に、NIPPO・ヴィーニファンティーニが参戦します。

アルデンヌクラシックの人気レース「アムステルゴールドレース」と同エリアで開催されるため、本大会は“プチアムステルゴールドレース”とも呼ばれており、198kmのコースにたくさんのアップダウンとコーナーが組み込まれているのが特徴です。

昨年の同大会では、イウリィ・フィロージが5位入賞。フィロージは現在とても調子が良く、同じくコンディションの良いマルコ・カノラとともにエースを担います。日本人選手は「デパンヌ〜コクサイデ3日間レース」に引き続いて小石祐馬が出場。チームの好成績をめざして一生懸命に走ります。


図: アップダウンが連続するコースプロフィール


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ


小石祐馬のコメント
平坦のデパンヌ3日間レースと比較すると、
リンブルグはアップとダウンしかないようなキツイコースになる。
しかし、アップダウンが多いコースは、デパンヌより自分に適してると思う。
デパンヌを3日間走ってコンディションも良いので、
ベルギー&オランダ遠征を良い形で締めくくれるように頑張りたい。

●レース情報
Volta Limburg Classic (ヴォルタ・リンブルグ・クラシック)
開催期間/2017年4月1日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/オランダ(日本との時差 マイナス7時間)
距離/Eijsden〜Eijsden 198.6km

公式サイト  http://www.voltalimburgclassic.nl
公式フェイスブック  https://facebook.com/voltalimburgclassic2017
公式ツイッター https://twitter.com/voltaclassic
ハッシュタグ #VoltaLimburgClassic

RACE

【ツアー・オブ・タイランド/事前情報】灼熱のアジアツアーレース、結果を求めて一致団結

2017年03月31日

4月1日より6日間の日程で「ツアー・オブ・タイランド」が開催されます。タイ王国の首都バンコクから北部の大都市チェンマイまで駆け抜けるもので、総走行距離は944.7kmとなっています。

今年からUCIアジアツアー、クラス1にランクアップされており、アジアを中心に20チームがエントリー。またプロコンチネンタルチームはNIPPO・ヴィーニファンティーニのみとなっており、格上チームとして、レースを牽引する走りが求められています。

6ステージとも平坦基調のコースですが、第5、第6ステージに1級山岳がそれぞれ1箇所、組み込まれています。また第1、第2、第4ステージが190kmを超えるロングステージとなっており、厳しい暑さとの戦いにもなります。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、中根を除く4選手が「ツール・ド・台湾」から中1日で転戦。今大会でも引き続き、経験豊富なアラン・マランゴーニが主将を務め、調子の良い内間、窪木らを中心として、勝利をめざして貪欲に戦います。

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
伊藤雅和
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ(イタリア)
監督:福島晋一


内間康平のコメント
ツール・ド・台湾の悔しさをぶつけ、まずは初日のステージを狙っていきます!
ステージ優勝を目指して頑張ります!


伊藤雅和のコメント
コースプロフィールを見ていないので、
どういうレースになるか未知数ですが、全員で協力していい結果を残します!


窪木一茂のコメント
ツール・ド・台湾では、僕らの力はまだまだ発揮しきれていないと思う。
ツアー・オブ・タイランドでは結果を残して、実りあるものにしたい。


窪木一茂のコメント
コッピ・エ・バルタリではかなり苦しみましたが、
タイでは良い走りができるように頑張ります!

●レース情報
The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2017
(ツアー・オブ・タイランド)

開催期間/2017年4月1日(土曜日)〜6日(木曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国(日本との時差 マイナス2時間)

4月1日(土) Stage 1 – Bangkok › Chainat (193.4k)
4月2日(日) Stage 2 – Chainat › Phitsanulok (190k)
4月3日(月) Stage 3 – Phitsanulok › Uttaradit (111k)
4月4日(火) Stage 4 – Uttaradit › Sukhothai (120.65k)
4月5日(水) Stage 5 – Sukhothai › Lampang (194k)
4月6日(木) Stage 6 – Lampang › Chiangmai (135.65k)

公式フェイスブック/ https://facebook.com/tourofthailand/