RESULT

【ツアー・オブ・ジャパン/第8ステージ東京】中根英登が逃げ切り8位、カノラがポイント賞を獲得

2017年05月31日

8日間にわたり開催されてきた国内最大の自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の最終ステージが、5月28日、東京の日比谷公園前からスタートし、大井埠頭の特設コースにてフィニッシュを迎えました。

東京ステージは完全にフラットな112.7kmのコースで、大部分は大井埠頭に設定された7kmの周回コースを使って開催されます。昨ステージを終えた時点で、マルコ・カノラはポイント賞を確定させており、最終日、NIPPOヴィーニファンティーニは区間優勝をめざしてのスタートとなりました。

スタートよりカノラをはじめ、NIPPOヴィーニファンティーニが積極的に動き、エスケープを図ります。しかし、集団のマークが厳しく抜け出せずにレースは中盤を迎えました。そのなかで3回設定されていた中間スプリントのうち、最初の2回をカノラが首位通過。ボーナスタイムを合計6秒獲得。個人総合成績を10位から8位にジャンプアップさせることに成功しました。

そして、2回目の中間スプリントポイントを過ぎると、ようやく中根英登を含む13名のエスケープが決まり、集団から先行します。途中ユナイテッドヘルスケアの選手が後方に下がりましたが、11名となった先頭集団はペースを一切緩めず、逆に先頭を追うメイン集団では最終周回に入っても先頭を捉えることができず、バーレーン・メリダのヨン・イラストルサ(スペイン)がロングスパートを仕掛け逃げ切り勝利。先頭の2選手を除いて、リザルト上は集団に追いつかれる形となりましたが、中根は着順を守り、区間8位でフィニッシュしました。

区間優勝できなかったことから、チームとしては悔しさの残る結果となりましたが、最後まで攻めの姿勢をお見せすることができ、大会を通じて区間3勝、ポイント賞獲得と素晴らしい結果を残しました。また3名の日本人選手もチームの好成績に大きく貢献。それぞれに成長を実感し、強いイタリア人選手たちから多くのことを学ぶ有意義な大会となりました。


大門宏監督のコメント
すでにポイント賞ジャージを確定させているカノラは、最終日はアタックしまくって勝っても負けても悔いのないレースをしたいと、タイヤがスリップして煙が立ち込めるほど(!?)意気込んでいた。エスケープグループに乗ることが得意なキャプテンのマランゴーニも連携を図りながら狙っていた。中根、窪木にもそのことを確認してスタートを切った。

レース開始早々、開けっぴろげに積極的に攻めるカノラに、逃げに乗りたいメンバーも多いのか、これまでの東京ステージとは違い、メイングループのスピードが全く落ちないのが印象的だった。どのアタックもカノラ、NIPPOのメンバーが入ってる場面が多く、全く容認されない状況が中盤まで続いた。

道幅が広過ぎるフラットコースでエスケープを成功させる鍵は、良くも悪くも勢いのタイミングと送り込まれたメンバー次第。他チームの日本人選手の脚質を知っている中根、窪木もチームの連携プレーに効率よく動いていたようだった。もちろん果敢に、強引に攻めるカノラの姿勢はチームカーから見守っていてじつに頼もしい存在だった。

レース中盤、総合圏外のメンバーでのエスケープが成功したかに見えた局面もあったが、なぜかリーダーチームが焦って追撃し吸収。これはあくまでもリーダーチームではない監督の言う結果論だが、あそこは容認してイーブンペースでローテーションしていたほうがリーダーチームにとっては楽で安全だったと思う。

そんなことを予測される展開とともに選手に無線で説明しながら迎えた後半、メイングループ前方で衰えることなく、すきがあればアタックと追撃を繰り返すカノラを横目に、利害関係が一致した十数名のエスケープグループが形成された。そこに中根が入るが、エスケープグループのメンバー構成を見るかぎりチーム的にはもう1名乗せたかった状況だ。リーダーチームにとっては僅差で脅かすメンバーは入っておらず、ステージを狙っていたであろうユナイテッドヘルスケアが入っていたので「この展開はゴールまで行く」と思ったが、彼らのエーススプリンターのヘドがメイングループにいたこともあり、せっかく送り込んだメンバーをメイングループに戻してしまった(チームの作戦としては間違ってない戦法の1つ)。

そこから利害関係が一致したメンバーによるメイングループの追撃が開始された。中根には極力体力を温存させて、最後の最後に試みられるであろうアタック(バーレーンの若手には気をつけろと伝えていた)に反応することの重要性を伝えた。カノラも無線で何度も「温存するように」中根に伝える。

エスケープグループが強いのか、追撃したい牽引メンバーに勢いがないのか読めないまま迎えた終盤で、バーレーンの若手が決死のアタックを仕掛けた!そのまま逃げ切り、チームにとっても今大会初めて価値ある1勝を挙げた。

中根はギリギリメイングループには吸収されなかったが、前半からメイングループ前方で積極的にカノラと共に果敢に動き回っていたので、結果的にエスケープグループに入った時点でキツかったのだろう。彼自身責任感に満ちていたと思うが、今日のチームのミッションとしては前半からカノラと一緒に積極的に展開に参加していた彼にゴールの結果を求めるのは酷だった。次回は自身が最後にアタックし勝たなければダメだと心に誓ったはずだ。

エスケープを成功させたかったマランゴーニも悔しさが残ったステージだったが、イタリア人選手がレース後語っていた主な内容は「日本人選手はここまで果敢に反応し動けるのに、なぜ昨日の伊豆ステージでは動かなかったのか?」「伊豆ステージの時にこのくらい日本人選手が積極的に動けてれば展開も違ってんじゃないか?」。

少なくとも彼らより日本のレースを知り尽くしている自分の見解はこうだ。例年語り継がれている伊豆ステージでの「失格/足切り」(OTL)を懸念している日本チームが多い現状。ここのコースが得意な、登りに自信のある日本人選手もいるが、チームメイトをかばって、極力待ちの姿勢(ペース的に失格者を最小限に抑えられる可能性が見込まれる)で厳しい展開を避けたかった。富士山で総合リーダーとなる選手が登りで桁外れの実力を発揮したため、警戒して動く勇気がなかった。もし失速覚悟で積極的に動いて、結果的に最終日の東京ステージでスタートできないのは痛い…。

思いつくことは以上だが、単に前日の過労が影響しただけだった可能性も否定できないだろう。もちろんこういう見解に納得するイタリア人メンバー、我々の日本人メンバーはいなかったが、キャプテンのマランゴーニもあと何回か日本のこのレベルでのレースを走れば解ってくれるだろう。しかし、わかったからと言って選手の出世(世界ランキングを志す意味で)に役に立つとは思いたくないが。今回の総括は追って書かせて頂きたい。

●リザルト
第8ステージ
1 INSAUSTI Jon Ander Bahrain Merida Pro Cycling Team 2:14:47
2 ABE Takayuki Utsunomiya Blitzen
3 OKUBO Jin Bridgestone Anchor Cycling Team +0:05
8 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
16 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
19 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
29 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
35 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 PUJOL Oscar Team UKYO 19:00:52
2 EARLE Nathan Team UKYO +1:40
3 POURHASHEMI Hamid Tabriz Shahrdary Team +1:42
8 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +3:12
10 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:21
16 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +6:10
28 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +21:57
39 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +33:26


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ
イヴァン・サンタロミータ
マルコ・カノラ
伊藤雅和  ※第5ステージでリタイア
監督:大門 宏

出場選手の経歴詳細はホームページをご覧ください。
http://teamnippo.jp/team/

●レース情報
NTN presents 20th Tour of Japan(NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン)
開催期間/2017年5月21日(日曜日)〜28日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー 2.1
開催国/日本

公式サイト http://www.toj.co.jp/2017/
ツイッター  https://twitter.com/tourofjapan
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofjapan/
ハッシュタグ #TOJ2017

5月21日(日)第1ステージ【堺】2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(月)第2ステージ【京都】105km
5月23日(火)第3ステージ【いなべ】127km
5月24日(水)第4ステージ【美濃】139.4km
5月25日(木)第5ステージ【南信州】123.6km
5月26日(金)第6ステージ【富士山】11.4km ヒルクライム
5月27日(土)第7ステージ【伊豆】122km
5月28日(日)第8ステージ【東京】112.7km
総走行距離  743.75km  総獲得標高12,291m

 

OTHER

伊藤雅和、右大腿骨骨折の手術が無事に終了

2017年05月26日

5月25日に長野県飯田市で開催されたツアー・オブ・ジャパン第5ステージ【南信州】にて、終盤の下りで落車し、右大腿骨転子部骨折の診断を受けた伊藤雅和ですが、26日午前中に飯田市内の病院にてボルトを埋め込む手術を受け、無事に終了しました。

今後は現在の病院に2週間ほど入院し、できるだけ早い段階で歩行訓練等のリハビリが開始される予定です。その後は自宅の近くで治療、リハビリに専念します。復帰までに時間がかかると考えられますが、伊藤は諦めずにリハビリを重ねていきますので、引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いします。


伊藤雅和のコメント
南信州ステージの下りで落車してしまい、立ち上がろうとしても立ち上がれなく、これは3年前に左の大腿骨を骨折したときの感覚と一緒だと思いました。病院に搬送され検査を受けると右大腿骨転子部骨折。全く3年前と一緒でした。不幸中の幸いですが、骨は複雑に折れていなくて、ずれてもいなかったです。

今朝、飯田市内の病院で手術を受け、現在は骨を金属で固定しています。ここでの入院は2週間ほどになりそうで、その後は自宅がある鹿児島でしっかり治療していきます。

今年チームを移籍させてもらい、新しいトレーニング、そして前回のケガのリハビリを重ねて、コンディションを上げてきたので非常に残念です。自分の中で、まだまだコンディションは上がりきってはいなくて、あともう少しで完全に良くなりそうという感覚でした。チームも非常に強く、ツアー・オブ・ジャパンでも結果が出ていたので、最後までその一員として走れなかったこと残念に思います。

まずはしっかり精神面を含めて回復させて、次の目標をしっかり定め、身体も元どおり、それ以上になれるように地味なリハビリから怠ることなく取り組んでいきたいと思います。一度経験しているケガなので、復帰までの道のりを考えると途方にくれそうですが、たくさんの方々や仲間たちが激励のメッセージをくれたり、「何か助けれることがあったら言ってほしい」と言ってくれたので、諦めることなく頑張っていきたいと思います。

まずはもう明日からリハビリできそうなので、頑張ります!

RESULT

【ツアー・オブ・ジャパン/第5ステージ南信州】総合リーダーのマルコ・カノラがスプリントで今大会区間3勝目をマーク!

2017年05月26日

5月21日に大阪・堺で開幕した20回記念大会の「ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1)。25日に長野県飯田市にて第5ステージ【南信州】が、12.2kmの周回コースを約10周回する123.6kmで開催されました。

これまで晴天に恵まれていましたが、第5ステージは雨が降るなかでスタートを迎え、レース中も時折雨脚が強くなりました。周回コースの前半に登坂区間を含む山岳コースで、このステージから、第6ステージ【富士山】、第7ステージ【伊豆】と厳しい山岳コースとなり、例年この3ステージで個人総合成績が決定づけられます。

NIPPOヴィーニファンティーニは、第2ステージ【京都】と第3ステージ【いなべ】で、マルコ・カノラが区間2連勝。個人総合成績で暫定リーダーとなっており、緑色のリーダージャージを着用して、重要なステージのスタートを切りました。

レースは1周回目から、カノラ自らの積極的なアタックで幕開けします。アタックの攻防を繰り返しながら登坂区間を終え、下りに入ると8名の逃げグループが形成され、そこにNIPPOヴィーニファンティーニはクライマーのイヴァン・サンタロミータを送り込むことに成功します。

逃げは良いメンバーが揃っていましたが、レース中盤、集団との差が詰まり始めるとサンタロミータらがペースアップを図り、その動きなどで選手が脱落していき、最終的には最終周回で全選手が集団に吸収されました。

最終周回の登坂区間では、昨年の優勝者であるオルカル・プジョル(スペイン、チーム右京)が抜け出し、その後、新人賞ジャージを着用するイヴァン・コルティナ・ガルシア(スペイン、バーレーン・メリダ)が合流し、非常に危険な2選手が先行する展開となりましたが、中根英登の必死の追い上げがあり、20名ほどに絞られた集団でのゴールスプリントの展開へと持ち込みました。

昨日、第4ステージ【美濃】も、うまくチームは連携してスプリントの最終局面を迎えましたが、位置取りやタイミングが合わず、カノラは全力でスプリントを仕掛けることができずに終わっていました。その反省を踏まえて、このステージでは、残り350m、少し早めの位置からスプリントを仕掛け、ライバルたちに追い上げられましたが、僅差でゴールラインに先着。嬉しい今大会3勝目をマークし、個人総合成績でも2位との差を29秒まで広げました。

翌、第6ステージ【富士山】は、麓から須走口五合目まで一気に駆け上がる11.4kmのヒルクライムステージとなっており、総合成績をかけた熾烈な戦いが繰り広げられます。


マルコ・カノラのコメント
とても厳しいステージだった。これまでのステージのなかでもっとも厳しかった。勝つことは決して簡単ではなかったけど、チームはよく連携し、サンタロミータが長い距離、逃げ集団に乗ったことや、集団が最後に1つに戻ったときに、ヒデトが先行する2選手を捉えるためにとても良い仕事をしてくれた。ロングスパートをかけるような形でのスプリントで、勝てたことはとてもラッキーだったと思う。ここでの勝利はNIPPOをはじめとするスポンサーにとって、とても大事な勝利になった。


中根英登のコメント
今日は雨。南信州ステージで雨だとかなり冷えるイメージがあったので入念に雨対策をした。スタートして1周目の上りでは、リーダージャージを着るカノラ自ら先頭に出てペースメイク。すぐに前に上がって先頭を変わる。アタックが掛かるが、真後ろに控えるカノラとサンタロミータがペースを指示してくれた。下りでのアタックにサンタロミータが反応してくれて、8名の逃げが先行。

メイン集団では前方キープで、なるべく脚を使わないように心掛けた。最終周回の上りに入る前に、カノラから「アタックがあったらチェックしに行ってくれ」と言われる。ハイペースで上りに突入して逃げの3名が目前となったとこで、少し牽制。集団の先頭に出て、各チームのアタックに控える。まずはタブリーズの選手が様子見のアタック、次はプジョルのアタック、山頂まで残り1km切ってバーレーンの選手がアタック。

全てチェックに入って動きを潰したが、あとちょっとで山頂というところでプジョルが再びペースアップ。さすがに反応できず…。しかし周りも反応できず、彼が単独で下りへと入った。そして下り切ってバーレーンの選手がプジョルに追いつき、前は2人になった。

前と約10秒。ゴールまで残り3km弱。後ろにいるカノラから「NAKA!引いてくれ!!」との指示が。集団の前に出て、前の2人をキャッチするべく全開で牽引した。先頭交代の合図を出して、もし回ってくれなかったら一瞬でもペースが緩んでしまうのを防ぐために先頭固定。最後の右コーナー手前で先行2人を何とかキャッチして、ラスト1km。

もうさすがに脚が残っておらず「カノラ頼むー!!」と思いながら、ゴールスプリントの体制に。そして、彼が僅差でしっかり勝ってくれた!僅差だったけど、絶対カノラだ!と思ったから後ろで手を挙げてしまった。

今日もチームがしっかり機能しての勝利。嬉しくてたまらなかった。今日はレース後半に伊藤さんが落車してしまったが、落車の前まで6人でしっかり勝ちに行く体制を整えていた。6人で勝ち取った勝利。残り3ステージ、伊藤さんの分もみんなでフォローし合って勝利を目指します!


大門宏監督のコメント
2日前からの天気予報が見事に的中した南信州ステージ。通常のレースならリーダージャージでスタートするのは嫌な気分がチーム内で漂うものだが、不思議とそういった不安は感じなかった。牽引じゃなくてアタック&アタック…可能なかぎり厳しいレースに持ち込むことが大事だと話し合っていたが、1周目、まさかカノラが自ら仕掛けるとは!じつに頼もしい奴だと思った。彼にとって決して得意とはいえないコースプロフィール。しかも僅差でリーダージャージを着ている選手でこの動きをする奴はかつて見たことがない。プロとしての器の大きさ、片鱗を思いさせられたステージだった。

今日はサンタロミータが絶妙のタイミングで前半のエスケープグループに入り良い仕事が光った。「明日の富士山ステージのウオーミングアップか??」と聞いたら本人も笑っていた。中根も変わらず強かった。最後の局面で先行する2名をキャッチしに行った脚力には、カノラもサンタロミータも仰天して褒め称えた。今回は判断能力も冴えて、イタリア人メンバーからの信頼度も上がりっぱなし!チームにとって頼もしい存在だ。

窪木も決して得意なコースとは言えないのだが、チームの雰囲気に感化され良く耐えたと思う。自爆覚悟でエースのサポートをさせることも大事だが、「ひたすら耐えろ!」と言うミッションもスプリンター系の選手に課すことも大切なことだと思っている。耐える能力を備えたスピードマン、スプリンターの存在感は計り知れない。まだまだ学ぶポイントは多いが、窪木のこれからの成長が楽しみだ。

すでにお伝えしたとおり伊藤のクラッシュ、診断の結果は本当に心が痛んだ。台湾、タイランドでも帯同し、彼の強さを肌身で感じていたキャプテンのマランゴーニも心底残念がった。今回も京都、いなべステージとチームの歯車として非常に頑張っていただけに、イタリア人スタッフを含むチーム全体に、天を仰ぐ気持ちが漂っている。

今日のダメージは決して「不運」「試練」の美談で済ませたくはない。強い気持ちで打ち勝って欲しいと心から願っている。これからは治療に専念することになるが、チームとしてはたとえ時間が掛かっても、“完治”を待ちたいと思っている(もちろん本人は1日でも早くトレーニングを再開したいと願ってると思うが…)。彼の復帰戦を今から楽しみにしている。

●リザルト
第5ステージ
1 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini 3:10:05
2 EARLE Nathan Team UKYO
3 GARCIA CORTINA Ivan Bahrain Merida Pro Cycling Team
14 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
16 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
23 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini  +1:31

36 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini  +3:56
DNF ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini  12:31:08
2 GARCIA CORTINA Ivan Bahrain Merida Pro Cycling Team +0:29
3 EARLE Nathan Team UKYO  +0:34
6 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini  +0:39
15 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini  +0:52
25 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini  +2:42

35 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini  +10:50


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ
イヴァン・サンタロミータ
マルコ・カノラ
伊藤雅和  ※第5ステージでリタイア
監督:大門 宏

出場選手の経歴詳細はホームページをご覧ください。
http://teamnippo.jp/team/

●レース情報
NTN presents 20th Tour of Japan(NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン)
開催期間/2017年5月21日(日曜日)〜28日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー 2.1
開催国/日本

公式サイト http://www.toj.co.jp/2017/
ツイッター  https://twitter.com/tourofjapan
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofjapan/
ハッシュタグ #TOJ2017

5月21日(日)第1ステージ【堺】2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(月)第2ステージ【京都】105km
5月23日(火)第3ステージ【いなべ】127km
5月24日(水)第4ステージ【美濃】139.4km
5月25日(木)第5ステージ【南信州】123.6km
5月26日(金)第6ステージ【富士山】11.4km ヒルクライム
5月27日(土)第7ステージ【伊豆】122km
5月28日(日)第8ステージ【東京】112.7km
総走行距離  743.75km  総獲得標高12,291m