RACE

【ツール・ド・アゼルバイジャン/事前情報】5日間のタフなステージレースに日本人4選手が出場

2017年04月30日

5月3日(水曜日)〜7日(日曜日)まで、アゼルバイジャン共和国にて第6回目となる「ツール・ド・アゼルバイジャン(UCIヨーロッパツアー2.1)」が5日間の日程で開催されます。

アゼルバイジャン共和国は、トルコの東、イランの北、ロシアの南に位置する南コーカサスの一国で、東ヨーロッパに位置付けられることもあり、本大会はUCIヨーロッパツアーに組み込まれています。大会はカスピ海に面した首都のバクを起点、終点とし、内陸部の山岳エリアもレースの舞台となります。

23チームが出場する予定で、プロコンチネンタルチームは、NIPPO・ヴィーニファンティーニの他にウィリエール・トリエスティーナ(イタリア)、ガスプロム・ルスヴェロ(ロシア)など全6チーム、また日本からはブリヂストンアンカーが出場します。

第1、第5ステージが周回コースを使用したものですが、平坦基調となるのは第1ステージのみで、第5ステージは5周回する周回コースに高低差約120mの登坂区間が組み込まれています。第2、第3、第4ステージは起伏に富んだステージで、とくに第4ステージは、標高1420mの超級山岳山頂がゴール直前に設定されており、今大会のクイーンステージ(最難関ステージ)です。また第3ステージもゴール前は登り基調になっています。


写真:第4ステージのコースプロフィール

NIPPO・ヴィーニファンティーニは登りのステージでは、イヴァン・サンタロミータと伊藤雅和をエースに、ゴールスプリントの展開では、窪木一茂がエースを担います。また、春先のティレーノ〜アドリアティコやミラノ〜サンレモなど世界トップクラスのレースを転戦した中根英登と内間康平は、4月1週目のツアー・オブ・タイランド以降、レースには出場せずに、回復とトレーニングに集中していました。今大会へは、休息期間を経てフレッシュな状態で挑みます。

日本人4選手はみな、5月21日(日曜日)〜28日(日曜日)に開催される国内最大のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の候補メンバーとなっていますが、今大会と同時期にエントリーする「GPルガーノ(5月8日/スイス)」ならびに「ダンケルク4日間(5月9日~14日/フランス)」のレース内容も見極め、「ツアー・オブ・ジャパン」に出場する最終的な6名のメンバーを決める予定です。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
伊藤雅和
窪木一茂
中根英登

イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ


内間康平のコメント
去年も参戦したこのレース。 あれからどれだけ成長出来たのか?
そして、チームから出されるオーダーをこなしながら、
少しでもステージ優勝に近づけるよう初日から全開で走って行きたい。
ちばって行きます! (沖縄の方言で、頑張って行きます!の意味)


伊藤雅和のコメント
コースも厳しそうなので、毎日集中して頑張ります。
ここまでのレースでは落車など色々あって、
どことなく不完全燃焼なので、このレースをしっかり走りきって、
今後のレースにもいい流れをつくっていきたいです。


窪木一茂のコメント
アゼルバイジャンでは、
その都度チームから求められる走りができるように準備していきたい。
コースが厳しくても今の力でやれることを実践したい。
5日間の戦い、頑張ります。


中根英登のコメント
落ちきっていたコンディションが復調してきたので、レースが楽しみです。
良い走りをして良い結果を出せるように頑張ります!

●レース情報
Tour d’Azerbaïdjan(ツール・ド・アゼルバイジャン)
開催期間/2017年5月3日(水曜日)〜7日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/アゼルバイジャン(日本との時差 マイナス5時間)

公式サイト http://tourdeazerbaidjan.com/en/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/TourdAz
公式ツイッター  twitter.com/tourdaz/  
ハッシュタグ #tourdaz #tda

5月3日 Stage 1 – Baku › Sumgayit (148.6k)
5月4日 Stage 2 – Baku › Ismayilli (186.5k)
5月5日 Stage 3 – Gabala › Gabala (177.2k)
5月6日 Stage 4 – Gabala › Pirgulu (164.2k)
5月7日 Stage 5 – Baku › Baku (158k)

RESULT

【ツアー・オブ・タイランド/第6ステージ】厳しい攻防戦となった最終日、マランゴーニの総合3位をキープ

2017年04月06日

6日間におよぶ「ツアー・オブ・タイランド」が4月6日の第6ステージをもって終了しました。第6ステージは序盤に1級山岳を越える130kmのステージで、NIPPO・ヴィーニファンティーニは暫定で3位につけていたアラン・マランゴーニの総合成績をジャンプアップさせることを目標にスタートしました。

アタック合戦のすえに4選手の逃げが決まりましたが、30km地点にある1級山岳にて集団に吸収。山岳賞争いの動きもあり、クライマーたちが集団のふるい落としを図りペースアップさせると、集団は大きく縦に伸びました。そして山頂を過ぎてからは、アタック合戦が再び始まり、高速で下り区間を越えて行きました。その間、何度か先行する選手がいたものの、NIPPO・ヴィーニファンティーニの強力な集団コントロールもあり、どれも決定的な動きにはならず、最後は集団でのゴールスプリントの展開となりました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、マランゴーニのボーナスタイム獲得をめざして中間スプリントを狙いましたが獲得できず、その後は調子の良くない窪木に変わり、マランゴーニをエーススプリンターとしてレースを組み立て、区間優勝とボーナスタイムによる総合成績ジャンプアップを狙いました。しかし、結果は区間5位でのフィニッシュとなり、総合成績も3位を維持した形になりました。

勝利には届きませんでしたが、今日一日、積極的な走りをみせたNIPPO・ヴィーニファンティーニ。何度も繰り返されたアタックに反応して、総合成績を維持できたことは最低限の収穫でした。また連日の疲れから中根英登は山岳の序盤で限界を迎えて遅れたものの、そこから気迫の走りで集団復帰し、終盤には積極的に集団コントロールに参加するなど、4選手それぞれが最大限の力で戦い抜いた最終ステージでした。


内間康平のコメント
いよいよやってきた最終ステージ!
昨日とは真逆の脚の重さ…。こんな大切な日に…. とにかくやるしかない!
前半はとにかく苦しんだ。 ようやく落ち着いた後半でようやく調子を取り戻し、
アランの総合逆転をかけた勝負!
ラストニキロまで位置取りを手伝い、勝負は集団スプリントへ!
皆で力を合わせたが、逆転ならず….. 。
台湾、そしてこのツアー・オブ・タイランド。
日本人のためにプログラムを組み込んでくれたにも関わらず、成績を残すことができなかった。
この件に関しては真剣に考え直さなければならない。
しかし、四人という限られた人数で一人一人が死ぬ気で全力を尽くした。
台湾に引き続きたくさんの応援ありがとうございました!!
また、これからも応援ぜひよろしくお願いします!


窪木一茂のコメント
最終ステージはチームとして、アランの総合順位アップを狙って走った。
40km地点の登りで少し集団はバラけたが、下りで一つに。
78km地点のスプリントポイントではアランのために先頭で牽引し、
ギリギリ先頭通過出来たと思っていた。
しかし、僕も含め先頭で走っていた何名かはスプリントポイントのラインを間違えて、もがいてしまった。
そのためスプリントポイントにある秒数獲得はできず、
総合逆転するにはゴールスプリントで3着以上でゴール必要があった。
100kmを過ぎてからチームで話し合い、僕の調子が良くないことを福島監督に告げ、
調子の良いアランでのゴールスプリントに一発をかけ、総合逆転を狙った。
連日ハードワークを強いられる内間選手、中根選手のサポートがあり、
ラスト500mまでカザフのリーダー選手の後ろにアランと一緒にポジティブをキープし、
最後はアランに託した。結果は5着で、僕らのチームでは個人総合3位という結果が残った。
3月上旬に体調を崩してから台湾まで満足のできる仕上がりではなかった。
日本人選手がステージ優勝やUCIポイント獲得をしなければいけない責任を感じ、
3月はいつも以上にトレーニングを積んできたつもりだった…。
そして結果的には形として残すことはできずとても悔しかった。
僕のコンディションが良くなかった。
しかし、限られたメンバーでの走りや、
レースの内外でメンバーをカバーし合う気持ちによって支えられ支えて、
連日集中してレースを走れたことは良かった。ただ脚がなかった。
2日、3日集中して頑張っても結果は出ない。
日々の少しだけの積み重ねによって成長でき今後を左右する。
今の現状をしっかり認識し受けとめ、
次のレースへ向けて気持ちを切り替え前向きに取り組んで行きたい。
たくさんのご声援をありがとうございました。


中根英登のコメント
今日もレーススタートしてからの動きは昨日と同じ。
チェックの動きをしていき、20km地点くらいで1度逃げが決まる。
内間さんと集団コントロールに入る。
最初で最後の山岳ポイントのある上りでタブリーズが前に上がって来てペースアップ。
このペースに対応できず、千切れてしまう。
身体が全然動かないが諦めずに走り、運も味方に付けてスプリントポイント前になんとか集団復帰。
そのままの勢いで前に上がり、アランのスプリントポイント獲得のために集団を引くが、
ポイント獲得ならず。 そこからゴールまで残り40km。
集団をまとめるために、ビノ・アスタナモータース、ソウルサイクリング、
自分の6人でローテーションして集団牽引。
ラスト10km切るまで逃げを決めさせないように、
アタックされないように牽き続けてゴールは3人に託した。
総合ジャンプアップ&ステージ優勝には届かなかったが、アランの総合3位はキープ。
調子が悪いなか、毎日粘った甲斐あって最終日にみんなのサポートをしっかりすることができた。
今が調子の最底辺。思うように走れず肉体的・精神的に厳しいレースが続いたが、
ここからコンディションは上がるのみなはず。
しっかり休養して次に備えたい。 応援ありがとうございました!


福島晋一監督のコメント
台湾からの連戦で、メンバーが一人欠けた状態での参戦となりましたが、
唯一のプロコンチとして参加した今回の結果には決して満足していません。
日本人の成績を出すというコンセプトで挑みましたが、
結果的にマランゴーニの総合3位が唯一の成績になってしまったのは、
日本人選手の実力と経験が不足しているということだと思います。
マランゴーニはキャプテンとして、日本人の成績を出すために走っていましたが、
結果的に総合3位になった彼から学ぶことは、非常に多かったと思います。
レースはまだまだ続きます。
さらに高いカテゴリーのレースで今回の経験と悔しさをぶつけて結果を出すことで、
今回の参戦の意味があったと言えると思います。

 

●リザルト
第6ステージ
1 YATES Theodore Drapac Pat’s Veg Holistic Development Team 2:55:45
2 ABERASTURI Jon Team UKYO
3 MA Guangtong Hengxiang Cycling Team
5 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
19 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
98 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +0:37
106 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +1:25

個人総合成績
1 GIDICH Yevgeniy Vino – Astana Motors 21:09:06
2 MA Guangtong Hengxiang Cycling Team +0:02
3 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +0:09
23 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +1:20
60 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +3:25
90 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +13:02

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ(イタリア)
伊藤雅和(※第2ステージでリタイア)
監督:福島晋一

●レース情報
The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2017
(ツアー・オブ・タイランド)

開催期間/2017年4月1日(土曜日)〜6日(木曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国(日本との時差 マイナス2時間)

4月1日(土) Stage 1 – Bangkok › Chainat (193.4k)
4月2日(日) Stage 2 – Chainat › Phitsanulok (190k)
4月3日(月) Stage 3 – Phitsanulok › Uttaradit (111k)
4月4日(火) Stage 4 – Uttaradit › Sukhothai (120.65k)
4月5日(水) Stage 5 – Sukhothai › Lampang (194k)
4月6日(木) Stage 6 – Lampang › Chiangmai (135.65k)

公式フェイスブック/ https://facebook.com/tourofthailand/

 

RESULT

【ツアー・オブ・タイランド/第5ステージ】1級山岳が組み込まれたステージで総合逆転をかけてトライ

2017年04月06日

厳しい暑さのなかで連日開催されているツアー・オブ・タイランド。4月5日に開催された第5ステージは、遺跡が立ち並ぶ観光地スコータイからランパーンまでの194kmのステージで、これまで平坦基調のステージが続いていましたが、第5ステージはゴールまで約40km地点に1級山岳が組み込まれていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニの目標は、2位と同タイム、首位と9秒差の個人総合成績3位につけるアラン・マランゴーニの総合順位をジャンプアップさせること。調子の良い内間を中心に攻撃的な走りをしていく作戦でした。

この日もスタートからアタックの攻防が繰り返され、3名の逃げが形成されました。リーダーチームであるビノ・アスタナモータースのコントロールで1級山岳の登り口で吸収。また山岳では登坂に強い選手7名が飛び出し、先頭グループが形成されました。

ゴールまでの約40kmは下り基調となっており、先行する7選手も逃げ切りをめざして全力で踏みましたが、40名ほどに人数を減らしたメイン集団もリーダーチームに加え、NIPPO・ヴィーニファンティーニの内間、窪木、マランゴーニが牽引に加わり、残り10km地点で、逃げていた選手を吸収することに成功しました。

そこから、NIPPO・ヴィーニファンティーニは組織的にアタックをしかけていく作戦でしたが、残念ながらマランゴーニの体調が優れなかったために、3選手はチームは集団でゴールを迎え、マランゴーニの総合成績も3位を維持する形となりました。

レースリーダー擁するビノ・アスタナモータースの強さが際立っている本大会ですが、それでも今日のステージでは一人二人とアシストが離脱していく場面が見られ、明日の最終ステージでは、最後まで諦めずに総合逆転のチャンスと、区間優勝を狙い戦っていきます。


内間康平のコメント
リーダーチームを苦しめるために、彼らの後ろをキープしつつ逃げに反応、
という作戦だったが、状況を見つつ彼らがついてこれないタイミングでも逃げに反応。
少しでも消耗させるべく動き、三人の逃げが決まった後は勝負所へ向けて待機。
勝負所を前にリーダーチームも人数が少し減ったが、それでもアシスト二人は残っている。
登坂区間で7人ほどが飛び出し、そこにはチームから入れることができなかった。
アランから前を引いてくれとオーダーがあり、リーダーチームとコントロール。
最後の勝負所の登りへ! 監督からアランを連れてアタック、というオーダーもあり、
攻撃してみるが上手くいかず。
最後はメイングループをまとめるべくラスト2kmまで引いて仕事を終えた。
とにかく調子が良かった今日一日。 しかしリーダーチームもとにかく強かった。
明日が最終日、とにかく冷静に周りの状況を見極めながら
どんでん返しになるような展開を作っていきたい。


窪木一茂のコメント
総合優勝を目指して今日はアランのサポートに徹した。
序盤のアタック合戦の末、3名が抜け出し、ペースは落ち着いて進んだ。
登りでは事前に聞いていた情報よりもそこまで厳しくない登りだったが、
僕は途中で千切れてしまい、複数名で登りを越え下り坂を全開で踏んで先頭集団に追いついた。
残り20km、その後はボトルを運び、アタックに反応して集団を一つにする方向で動いた。
チャンスがあれば、独走したかったがペースが落ちなくてアタックできず。
先頭で場所取りしてラスト500mを過ぎて先頭を離れアランに託した。
今日は全体的に脚が重く、自分で思っているより踏めてなかった。
明日は総合逆転を目指して積極的に動いていきたい。


中根英登のコメント
いつもならワクワクするようなコース設定の第5ステージ。
今日の序盤のアタック合戦、身体が動かないなりに考えてチェックに入る。
昨日よりはしっかりチェックの動きをしていけた。
スタートから50分ほどで逃げが決まってようやく落ち着く。
今日はロングステージということもあり、ボトルやサコッシュ運びを早めにしていく。
残り約50km地点から始まる上りに向けて位置取りを開始。
上りが始まってペースが上がった時にアランを前に残して自分は遅れる。
グルペットでゴール。なんとか最終ステージまで進めた。
明日も総合逆転・ステージ優勝のために、最後まで諦めずに頑張ります!

●リザルト
第5ステージ
1 SEO Joon Yong KSPO 4:36:00
2 ABERASTURI Jon Team UKYO
3 HSU Hsuan Ping Taiwan
27 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
36 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
60 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini
81 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +7:53

個人総合成績
1 GIDICH Yevgeniy Vino – Astana Motors 18:13:21
2 MA Guangtong Hengxiang Cycling Team +0:09
3 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
24 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +1:20
59 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +2:48
87 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +11:37

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
窪木一茂
中根英登

アラン・マランゴーニ(イタリア)
伊藤雅和(※第2ステージでリタイア)
監督:福島晋一

●レース情報
The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2017
(ツアー・オブ・タイランド)

開催期間/2017年4月1日(土曜日)〜6日(木曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国(日本との時差 マイナス2時間)

4月1日(土) Stage 1 – Bangkok › Chainat (193.4k)
4月2日(日) Stage 2 – Chainat › Phitsanulok (190k)
4月3日(月) Stage 3 – Phitsanulok › Uttaradit (111k)
4月4日(火) Stage 4 – Uttaradit › Sukhothai (120.65k)
4月5日(水) Stage 5 – Sukhothai › Lampang (194k)
4月6日(木) Stage 6 – Lampang › Chiangmai (135.65k)

公式フェイスブック/ https://facebook.com/tourofthailand/