RESULT

【GPスタッド・ゾッテヘム】ベルギーでのワンディレース4連戦の初戦!

2017年08月23日

8月22日、ベルギーでのワンディレース4連戦の初戦となる「GPスタッド・ゾッテヘム」がフランドル地方のゾッテヘムを拠点に開催されました。最初に65.5kmの大きな周回コースを通過し、そのあと23kmの周回コースを2周回、29.2kmの周回コースを3周回する198kmのレースで、途中2km前後の長い石畳が4回と8箇所の登坂区間が組み込まれたベルギーらしいコース設定のレースでした。

晴天のもと、レースがスタートすると3名の選手が逃げる展開となり、終盤で逃げはメイン集団に吸収されたもの、集団は石畳や急坂を繰り返して行くうちに、いくものグループに分かれ、最後は26名ほどでのゴールスプリントとなり、唯一トップ集団に残ったマルコ・カノラが区間14位でフィニッシュしました。

全日本選手権でのケガからの復帰戦となった内間康平は120km地点でメイン集団から脱落。その後リタイアとなりましたが、回復は順調で、残りのレースでコンディションを上げていけるようベストを尽くします。また窪木一茂も前戦となるツアー・オブ・チンハイレイクにて体調不良を訴えリタイアしており、今回が約1ヶ月ぶりのレースでしたが、集団前方で展開に絡む走りをみせるなど積極的なレース運びでした。

また今日のレースではスプリンターのニコラス・マリーニが落車し、手首を骨折する重傷を負うアクシデントが発生。残念ながら残りのレースをキャンセルし、療養に専念することになりました。

 ●リザルト
1 DE BUYST Jasper Lotto Soudal 4:42:56
2 STALLAERT Joeri Cibel – Cebon
3 DEHAES Kenny Wanty – Groupe Gobert
14 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
44 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +0:22
45 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:37
78 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +2:32
108 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +5:15
DNF UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini
DNF MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini
DNF GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini


内間康平のコメント
最初のアタック合戦に合わせる形で反応していたが、
埋もれてしまい前に上がれなくなってしまった。
そこから先はひたすら引きずられる自分。
明日に繋がるように考えながら走った。
120k地点過ぎの石畳区間でペースが上がったところで
かなり遅れを取ってしまい、自分のレースは終了。
明日もとにかく苦しんでコンディションを取り戻して行きたい。


窪木一茂のコメント
今日は198kmの平坦基調の周回コース。指示としては逃げにチャレンジすること。
5分間のパレード走行後、レースがスタート。
アタックに反応し、常に前へ前へ場所取りして走り、とりあえず前へ。
逃げるチャンスを伺いアタックに反応した。
2人、1人が抜け出した時には、自分も先頭に出て集団の蓋をする働きをした。
約45分過ぎて3人が上手く抜け出したときに
側にいたデネグリへ「俺アタックするよ?!」と聞いたら、
「行かなくて良い、大丈夫」と言ってきたので、
先頭で集団の蓋をする事に協力し、逃げ3人が形成され集団が落ち着く。
その後、最大で約5分30秒差までタイム差が開いた。
集団は少し落ち着いたが、ときより集団からアタックする選手がいた。
デネグリとグロスと先頭で走り、アタックにはチームで僕が反応しチェック。

約100km過ぎて、前に位置取りして脚をけっこう使ってしまったと思い少し休むことにした。
後ろへ下がると走り方がスムーズじゃない選手がいるのと、
コーナーでストップゴーが連続して行われて、逆に脚を使ってしまうと再認識… 。
135km地点に石畳があることはわかっていたが、
集中力を切らしてしまっていたのと、無線機のコードが抜けていたことで情報も聞けず、
石畳の存在を忘れしまっていて集団の中盤で石畳へ突入。
案の定、落車が前の方で発生し集団が割れ、その後、後方に残されてしまった… 。
何とか前に追いつき先頭に上がり、すぐにアタックに反応して動く。
チームのために動きたいと思い脚を使ってチェック。
2回目の石畳前に位置とり争いが激しくなりペースアップで後方に下がってしまう。
石畳区間で集団が再び割れ後方に取り残されてしまった。
十数名で先頭集団を追ったが、なかなか追いつくことができず、
20秒差でメイン集団だったが、残り10kmで皆の脚が止まり残念ながらグルペットでゴール。
久々のベルギーのワンディレース。どのくらい走れるか不安だった。
メイン集団からは千切れてしまったが、脚と集団での位置取りが好調だったので調子は良い。
中国のレース後しっかり練習を積めたと思う。
残り3戦のベルギーでのレースも気持ちを引き締めて戦いたい。


●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手

内間康平
窪木一茂

マルコ・カノラ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア ※22日、23日のレースのみ出場)
アラン・マランゴーニ(イタリア ※26日、27日のレースのみ出場)
監督:ヴァレリオ・テバルディ

RACE

【ベルギーワンディレース/事前情報】窪木と内間が出場するベルギーでのワンディレース4連戦

2017年08月21日

8月22日(火曜日)から27日(日曜日)まで、NIPPOヴィーニファンティーニはベルギーで開催される4つのワンディレースを転戦します。この時期のベルギー遠征はチームにとって初めてとなり、好調なオールラウンダーであるマルコ・カノラやエドゥアルド・グロスとニコラス・マリーニの若手スプリンターを軸に結果を求めて戦います。

日本人選手は内間康平と窪木一茂が、4戦すべてに出場予定。内間にとっては6月末に開催された全日本選手権ロードレースでの肋骨骨折および肺挫傷からの復帰戦となり、シーズン終盤に向けて、とても大切なレースとなります。

1戦目の「GP Stad Zottegem」はフランドル地方での石畳が組み込まれるコース、2戦目の「Druivenkoers – Overijse」はブリュッセル近郊でのアップダウンコース、3戦目の「Omloop Mandel-Leie-Schelde Meulebeke」はフランドル地方に戻り、平坦基調の周回レース、そして最終戦となる「Schaal Sels」は農道のようなオフロードが登場するベルギーでも珍しい種類のレースになっています。

 

●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手
内間康平
窪木一茂

マルコ・カノラ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア ※22日、23日のレースのみ出場)
アラン・マランゴーニ(イタリア ※26日、27日のレースのみ出場)
監督:ヴァレリオ・テバルディ

内間康平のコメント
ケガからの復帰戦になる。
レースを走る感覚をすぐに取り戻し、シーズン終盤戦へ向けて、
この4戦をとにかく大事に走っていきたい!
応援よろしくお願いします!


窪木一茂のコメント
夏季のベルギーレースは初めてとなる。
それぞれワンディレースなので、しっかり毎日力を出し切って走ることを目標にしたい。
レース毎に役割を全うし、与えられた少ないチャンスを活かせるよう走りたい。
応援よろしくお願いします。

●レース情報
GP Stad Zottegem
開催期間/2017年8月22日(火曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://www.gpstadzottegem.be/

Druivenkoers – Overijse
開催期間/2017年8月23日(水曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト https://www.desportvriendenoverijse.be/

Omloop Mandel-Leie-Schelde Meulebeke
開催期間/2017年8月26日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://mandel-leie-schelde.site123.me/

Schaal Sels
開催期間/2017年8月27日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://www.schaalsels.be/

RACE

【全日本選手権ロードレース】序盤の落車に巻き込まれた内間康平、精密検査にて肋骨骨折、肺挫傷の診断

2017年06月29日

6月25日(日曜日)に青森県階上町で開催された第86回全日本選手権ロードレースにて、1周回目の落車に巻き込まれ、左の脇腹を強打した内間康平ですが、地元・沖縄の病院にて精密検査を受け、肋骨骨折(一本)と軽度の肺挫傷との診断を受けました。

これに伴い、予定しておりました月末から開催されるイタリアでのチームキャンプへの参加を見送り、現在は8月初旬のレース復帰をめざして、治療、トレーニングに専念いたします。引き続き、応援よろしくお願いします。


内間康平のコメント
今回の落車で肋骨骨折、さらに外傷性肺挫傷というケガを負いましたが、ちょうどレースが空き、休める時期だったのが幸いしました。 今は自転車には乗れませんが、来週から室内トレーナーで練習を再開。 8月から始まる後半戦へ向けてしっかり治して、またファンの皆さんの前で力強い走りを見せれるよう頑張ります!