RESULT

【コロラド・クラシック/第4ステージ】デンバーでのサーキットレースでカノラが4位入賞

2017年08月14日

8月13日、アメリカ・コロラド州で4日間にわたり開催されてきた「コロラド・クラシック」の最終ステージとなる第4ステージが、デンバー市内にて12kmの周回コースを10周回する120kmで開催されました。これまで登坂の厳しいステージが多くなっていましたが、第4ステージは平坦基調のステージでした。
NIPPOヴィーニファンティーニはマルコ・カノラをエースに、区間優勝を狙いに行く作戦で一致団結。序盤から4選手が逃げ、メイン集団はユナイテッドヘルスケアらスプリンターチームがコントロールしながら進んでいきました。

終盤になり、小石祐馬を含む全選手でカノラの位置どりを開始。絶好の形でカノラは残り600m付近からスプリントを仕掛け、勝者となるMikhel Raim(イスラエル・サイクリングアカデミー)の後方につけましたが、その後、進路がふさがれる形となり失速。区間4位でのフィニッシュとなりました。

「勝てる自信はあったし、チームは何よりも勝利を狙っていたので、今日のスプリントにはフラストレーションを感じている。しかし今日のチームの動きは素晴らしかったので、チームメートたちに感謝したい。また今回のアメリカ遠征の結果や自分のコンディションには満足している」とカノラ。

最終ステージでは、勝利目前のところで結果が出ず、チームには悔しさが残りましたが、今大会では全4ステージ中3ステージでトップ5に入る好成績を残しました。また最終ステージを終え、イヴァン・サンタロミータが個人総合成績を15位から13位にランクアップさせました。さらにチームとしてもこの遠征を通じてチームワークの良さを実感。今後に繋がる良い手応えも掴みました。

●リザルト
第4ステージ
1 RAIM Mihkel Israel Cycling Academy 2:32:50
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team
3 RODRÍGUEZ José Alfredo Elevate – KHS Pro Cycling
4 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
22 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
34 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
58 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +0:43
66 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +0:52
67 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 SENNI Manuel BMC Racing Team 12:00:35
2 TVETCOV Serghei Jelly Belly p/b Maxxis +0:15
3 HOWES Alex Cannondale-Drapac Pro Cycling Team +0:31
13 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:00
28 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +17:27
56 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +30:26
65 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +34:16
78 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +42:31
80 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +43:14


小石祐馬のコメント
コロラド・クラシック最後のステージは平坦のクリテリウムのようなサーキットレース。
チームの作戦はシンプルに、スプリントを狙っていくので、
それに向けてトレインを組んでカノラが良い位置でスプリントできるように動くこと。
1周目で4人の逃げが決まり、それをコントロールしながら最後はスプリントになった。
ラスト1周でチームで固まりポジションを上げていき、
ラスト2キロを切ったところで集団の先頭に出た。
そこからは引けるところまで引いて残りのメンバーにバトンタッチ。
最後はカノラが4位でゴールした。

今回のコロラドクラシックはサーキットレースが多かったので、
千切れずに前に残るか、または逃げに乗るなどすることが目標だった。
コースのキツい第2ステージ以外は動けて割と目標を達成できたと思う。
第4ステージでは最後の場面でサポートもできて良かった。
次戦でも引き続き、頑張りたい。


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
Colorado Classic 2017(コロラド・クラシック)
開催期間/2017年8月10日(木曜日)〜8月13日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差  ー15時間)

公式サイト  coloradoclassic.com
フェイスブック https://www.facebook.com/ColoradoClassicPro/
ツイッター  https://twitter.com/CoClassicPro
ハッシュタグ  #ColoradoClassic

8月10日 Stage 1  Colorado Springs  150.4km
8月11日 Stage 2  Breckenridge  103km
8月12日 Stage 3  Denver   130km
8月13日 Stage 4  Denver city circuit   120.1km

RESULT

【コロラド・クラシック/第3ステージ】クイーンステージで小石が逃げ、カノラが4位入賞&敢闘賞獲得

2017年08月13日

8月12日、コロラド州の州都デンバーをスタート/フィニッシュとして「コロラド・クラシック」第3ステージが開催されました。第3ステージは今大会唯一、周回コースを使わないステージで郊外の山岳部へと向かい2つのカテゴリー山岳を越え、デンバー市内に戻る130kmのステージでした。また山岳エリアには未舗装路区間も組み込まれていました。

スタート直後からアタックが繰り返されますが、決定的なものはなく、9.4km地点に設定されている中間スプリントポイントを過ぎて、小石祐馬を含む13名の先頭集団が形成されました。

しかし、人数が多かったことや落車の影響もあり、先頭集団は集団から大きな差を奪えずに登坂区間へと向かい、小石は落車によりメイン集団に戻りました。そして登坂区間に差し掛かると先頭集団から3名がアタック、さらにメイン集団からマルコ・カノラが単独でブリッジを仕掛けて前に合流。4名の先頭集団が作られました。

山頂に向かうにつれて天候も悪くなり、先頭から離脱する選手が出て、山頂通過時には先頭集団はカノラを含む5選手に絞られていました。そしてカノラが山頂を首位通過し、下り区間を経て2つ目の登坂区間に入ると、先頭集団から2選手がアタック。悪天候の下り区間で先頭はリードを広げ、またメイン集団からはイヴァン・サンタロミータを含む有力選手が追走を仕掛け、カノラ、サンタロミータら約20名の追走集団が作られました。

その後、2選手が逃げ切る形となり、カノラが後続集団の2番手、区間4位でフィニッシュし、ステージを通して積極的な走りをみせたことから、敢闘賞を受賞しました。勝利に届かなかったことは残念ですが、カノラは好調さを実感し、チームワークもよく機能したステージとなりました。また他のメンバーは温存することができたので、明日の最終ステージに向けてよい流れを作ることができました。


●リザルト
第3ステージ
1 TVETCOV Serghei Jelly Belly p/b Maxxis 3:02:45
2 SENNI Manuel BMC Racing Team +0:01
3 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team +0:54
4 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
21 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +1:01
30 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +13:01
48 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
53 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
78 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +15:26

個人総合成績
1 SENNI Manuel BMC Racing Team 9:27:45
2 TVETCOV Serghei Jelly Belly p/b Maxxis +0:15
3 HOWES Alex Cannondale-Drapac Pro Cycling Team +0:31
15 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:00
29 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +17:27
59 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +29:34
69 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +34:16
82 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +41:48
83 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +42:22


小石祐馬のコメント
今日は昨日温存したので、スタートから逃げに乗っていくことを目標にスタート。
開始10キロでスプリントポイントがあるので、それまではコントロールされていた。
その後に動けるようにスタンバイしていて、登りに入る手前の横風区間で13人で抜け出す。
ギャップもそこそこ稼いで、前もエシュロンを組んで回る。
そこまでは良かったが、その後不注意で落車してしまい、
登りに向けてキャノンデールがペースアップする集団に飲み込まれ逃げも吸収。
その後は長い登りで、キャノンデールのペースで20人弱の集団を形成。
その後ろには残ることができたが、前には追いつけなかった。
明日が最終日、しっかりと出し切ってきます!

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
Colorado Classic 2017(コロラド・クラシック)
開催期間/2017年8月10日(木曜日)〜8月13日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差  ー15時間)

公式サイト  coloradoclassic.com
フェイスブック https://www.facebook.com/ColoradoClassicPro/
ツイッター  https://twitter.com/CoClassicPro
ハッシュタグ  #ColoradoClassic

8月10日 Stage 1  Colorado Springs  150.4km
8月11日 Stage 2  Breckenridge  103km
8月12日 Stage 3  Denver   130km
8月13日 Stage 4  Denver city circuit   120.1km

 

RESULT

【コロラド・クラシック/第2ステージ】アップダウンを繰り返す厳しい周回ステージ

2017年08月12日

Breckenridgeでの10.3kmの周回コースを10周回する「コロラド・クラシック」第2ステージ。周回コースに勾配のある登坂区間が組み込まれており、最終的な獲得標高は103kmで3000mを超えるとても厳しいものでした。NIPPOヴィーニファンティーニは、今後のステージに狙いを定めるため、クライマーのイヴァン・サンタロミータ以外は温存する作戦をとりました。

レースは4選手の逃げで幕開けし、集団は逃げと吸収を繰り返すめまぐるしい展開となり、ハイスピードで進行し、メイン集団はしだいに崩壊していきました。最終的に3選手が先行する展開となり、そこからアレックス・ハウズ(キャノンデール・ドラパック)が優勝。NIPPOヴィーニファンティーニはサンタロミータが2分12秒差の15位でフィニッシュしました。

●リザルト
第2ステージ
1 HOWES Alex Cannondale-Drapac Pro Cycling Team 2:51:17
2 EISENHART Taylor Holowesko-Citadel Racing Team
3 STETINA Peter Trek – Segafredo +0:04
15 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +2:12
67 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +16:46
68 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini
71 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
72 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
84 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +21:43

個人総合成績
1 EISENHART Taylor Holowesko-Citadel Racing Team 6:24:36
2 HOWES Alex Cannondale-Drapac Pro Cycling Team +0:01
3 STETINA Peter Trek – Segafredo +0:11
15 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +2:23
57 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +16:57
61 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
71 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +21:39
83 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +27:20
86 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +29:11


小石祐馬のコメント
急な登りと下りしかない10キロx10周回のステージ。
ニュートラルなしのいきなりスタートから、すぐに登りに入る。
速いペースで進むので最初から余り余裕がなかった。
逃げが2周目に決まったので一瞬ペースは緩むも、
逃げに乗せていないチームがタイム差をつけすぎるのを嫌がりペースでひく。
ペースが速いのでかなりツラいが、周りを見てもみんなきつそう。
そのままどんどんペースが上がり集団は崩壊。
そこからはグルペットで、できる限り温存してゴールした。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
Colorado Classic 2017(コロラド・クラシック)
開催期間/2017年8月10日(木曜日)〜8月13日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差  ー15時間)

公式サイト  coloradoclassic.com
フェイスブック https://www.facebook.com/ColoradoClassicPro/
ツイッター  https://twitter.com/CoClassicPro
ハッシュタグ  #ColoradoClassic

8月10日 Stage 1  Colorado Springs  150.4km
8月11日 Stage 2  Breckenridge  103km
8月12日 Stage 3  Denver   130km
8月13日 Stage 4  Denver city circuit   120.1km