RESULT

【GPスタッド・ゾッテヘム】ベルギーでのワンディレース4連戦の初戦!

2017年08月23日

8月22日、ベルギーでのワンディレース4連戦の初戦となる「GPスタッド・ゾッテヘム」がフランドル地方のゾッテヘムを拠点に開催されました。最初に65.5kmの大きな周回コースを通過し、そのあと23kmの周回コースを2周回、29.2kmの周回コースを3周回する198kmのレースで、途中2km前後の長い石畳が4回と8箇所の登坂区間が組み込まれたベルギーらしいコース設定のレースでした。

晴天のもと、レースがスタートすると3名の選手が逃げる展開となり、終盤で逃げはメイン集団に吸収されたもの、集団は石畳や急坂を繰り返して行くうちに、いくものグループに分かれ、最後は26名ほどでのゴールスプリントとなり、唯一トップ集団に残ったマルコ・カノラが区間14位でフィニッシュしました。

全日本選手権でのケガからの復帰戦となった内間康平は120km地点でメイン集団から脱落。その後リタイアとなりましたが、回復は順調で、残りのレースでコンディションを上げていけるようベストを尽くします。また窪木一茂も前戦となるツアー・オブ・チンハイレイクにて体調不良を訴えリタイアしており、今回が約1ヶ月ぶりのレースでしたが、集団前方で展開に絡む走りをみせるなど積極的なレース運びでした。

また今日のレースではスプリンターのニコラス・マリーニが落車し、手首を骨折する重傷を負うアクシデントが発生。残念ながら残りのレースをキャンセルし、療養に専念することになりました。

 ●リザルト
1 DE BUYST Jasper Lotto Soudal 4:42:56
2 STALLAERT Joeri Cibel – Cebon
3 DEHAES Kenny Wanty – Groupe Gobert
14 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
44 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +0:22
45 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:37
78 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +2:32
108 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +5:15
DNF UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini
DNF MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini
DNF GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini


内間康平のコメント
最初のアタック合戦に合わせる形で反応していたが、
埋もれてしまい前に上がれなくなってしまった。
そこから先はひたすら引きずられる自分。
明日に繋がるように考えながら走った。
120k地点過ぎの石畳区間でペースが上がったところで
かなり遅れを取ってしまい、自分のレースは終了。
明日もとにかく苦しんでコンディションを取り戻して行きたい。


窪木一茂のコメント
今日は198kmの平坦基調の周回コース。指示としては逃げにチャレンジすること。
5分間のパレード走行後、レースがスタート。
アタックに反応し、常に前へ前へ場所取りして走り、とりあえず前へ。
逃げるチャンスを伺いアタックに反応した。
2人、1人が抜け出した時には、自分も先頭に出て集団の蓋をする働きをした。
約45分過ぎて3人が上手く抜け出したときに
側にいたデネグリへ「俺アタックするよ?!」と聞いたら、
「行かなくて良い、大丈夫」と言ってきたので、
先頭で集団の蓋をする事に協力し、逃げ3人が形成され集団が落ち着く。
その後、最大で約5分30秒差までタイム差が開いた。
集団は少し落ち着いたが、ときより集団からアタックする選手がいた。
デネグリとグロスと先頭で走り、アタックにはチームで僕が反応しチェック。

約100km過ぎて、前に位置取りして脚をけっこう使ってしまったと思い少し休むことにした。
後ろへ下がると走り方がスムーズじゃない選手がいるのと、
コーナーでストップゴーが連続して行われて、逆に脚を使ってしまうと再認識… 。
135km地点に石畳があることはわかっていたが、
集中力を切らしてしまっていたのと、無線機のコードが抜けていたことで情報も聞けず、
石畳の存在を忘れしまっていて集団の中盤で石畳へ突入。
案の定、落車が前の方で発生し集団が割れ、その後、後方に残されてしまった… 。
何とか前に追いつき先頭に上がり、すぐにアタックに反応して動く。
チームのために動きたいと思い脚を使ってチェック。
2回目の石畳前に位置とり争いが激しくなりペースアップで後方に下がってしまう。
石畳区間で集団が再び割れ後方に取り残されてしまった。
十数名で先頭集団を追ったが、なかなか追いつくことができず、
20秒差でメイン集団だったが、残り10kmで皆の脚が止まり残念ながらグルペットでゴール。
久々のベルギーのワンディレース。どのくらい走れるか不安だった。
メイン集団からは千切れてしまったが、脚と集団での位置取りが好調だったので調子は良い。
中国のレース後しっかり練習を積めたと思う。
残り3戦のベルギーでのレースも気持ちを引き締めて戦いたい。


●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手

内間康平
窪木一茂

マルコ・カノラ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア ※22日、23日のレースのみ出場)
アラン・マランゴーニ(イタリア ※26日、27日のレースのみ出場)
監督:ヴァレリオ・テバルディ

RACE

【ベルギーワンディレース/事前情報】窪木と内間が出場するベルギーでのワンディレース4連戦

2017年08月21日

8月22日(火曜日)から27日(日曜日)まで、NIPPOヴィーニファンティーニはベルギーで開催される4つのワンディレースを転戦します。この時期のベルギー遠征はチームにとって初めてとなり、好調なオールラウンダーであるマルコ・カノラやエドゥアルド・グロスとニコラス・マリーニの若手スプリンターを軸に結果を求めて戦います。

日本人選手は内間康平と窪木一茂が、4戦すべてに出場予定。内間にとっては6月末に開催された全日本選手権ロードレースでの肋骨骨折および肺挫傷からの復帰戦となり、シーズン終盤に向けて、とても大切なレースとなります。

1戦目の「GP Stad Zottegem」はフランドル地方での石畳が組み込まれるコース、2戦目の「Druivenkoers – Overijse」はブリュッセル近郊でのアップダウンコース、3戦目の「Omloop Mandel-Leie-Schelde Meulebeke」はフランドル地方に戻り、平坦基調の周回レース、そして最終戦となる「Schaal Sels」は農道のようなオフロードが登場するベルギーでも珍しい種類のレースになっています。

 

●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手
内間康平
窪木一茂

マルコ・カノラ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア ※22日、23日のレースのみ出場)
アラン・マランゴーニ(イタリア ※26日、27日のレースのみ出場)
監督:ヴァレリオ・テバルディ

内間康平のコメント
ケガからの復帰戦になる。
レースを走る感覚をすぐに取り戻し、シーズン終盤戦へ向けて、
この4戦をとにかく大事に走っていきたい!
応援よろしくお願いします!


窪木一茂のコメント
夏季のベルギーレースは初めてとなる。
それぞれワンディレースなので、しっかり毎日力を出し切って走ることを目標にしたい。
レース毎に役割を全うし、与えられた少ないチャンスを活かせるよう走りたい。
応援よろしくお願いします。

●レース情報
GP Stad Zottegem
開催期間/2017年8月22日(火曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://www.gpstadzottegem.be/

Druivenkoers – Overijse
開催期間/2017年8月23日(水曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト https://www.desportvriendenoverijse.be/

Omloop Mandel-Leie-Schelde Meulebeke
開催期間/2017年8月26日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://mandel-leie-schelde.site123.me/

Schaal Sels
開催期間/2017年8月27日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/ベルギー(日本との時差 7時間)
公式サイト http://www.schaalsels.be/

RESULT

【ツアー・オブ・チンハイレイク/第7ステージ】厳しい消耗ステージでマリーニが10位入賞、窪木がリタイア

2017年07月22日

7月22日、ツアー・オブ・チンハイレイクの第7ステージが祁連(Qilian)から門源(Menyuan)までの169.0kmで開催されました。中盤の94km地点に1級山岳が設定され、スタートから1級山岳に向けて緩く登っていき、山岳を越えたあとはゴールまで平坦基調のコースとなっていました。

NIPPOヴィーニファンティーニは集団ゴールスプリントだけでなく、少人数の逃げグループでのスプリントによる区間優勝も狙い、スタートを切りました。そして序盤にできた11名の逃げに調子の良いエドゥアルド・グロスが乗りました。その後、逃げは9名に人数を減らしながら、1級山岳の登坂区間へと向かいました。傾斜が厳しくなると、そこからコルスサイクリングチームの選手がアタックを仕掛けて、先頭集団は崩壊。先頭が3名に絞られ、登坂区間で遅れてしまったグロスはその後、単独で懸命に前のグループを追いましたが、追いつくことはできず、メイン集団へと戻りました。

NIPPOヴィーニファンティーニは、そこから集団スプリントでの勝利狙いに切り替え、中根英登やグロスが集団のコントロールに加わりましたが、結果的に47秒差で3選手が逃げ切る展開となりました。そして4位以下のゴールスプリントで、ニコラス・マリーニが7着、区間10位でフィニッシュしましたが、チームにとっては悔しさの残るステージとなりました。

また昨夜から体調を崩した窪木一茂が序盤に集団から遅れ、体調不良を訴え、残念ながらリタイアとなりました。大会は折り返しを迎え、残りの6ステージを5選手で戦うことになりますが、チャンスを大事にチーム一丸となり引き続き戦っていきます。

●リザルト
第7ステージ
1 KONONENKO Mykhaylo Kolss Cycling Team 4:06:48
2 VAN LUIJK Sven Monkey Town Continental Team
3 COLORADO Francisco Jarley Ningxia Sports Lottery – Livall Cycling team +0:02
10 MARINI Nicolas Nippo – Vini Fantini +0:47
13 STACCHIOTTI Riccardo Nippo – Vini Fantini
72 GROSU Eduard MichaelNippo – Vini Fantini
78 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini
106 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini
DNF KUBOKI Kazushige Nippo – Vini Fantini

個人総合成績
1 MONSALVE Yonathan Qinghai Tianyoude Cycling Team 23:29:03
2 MUCELLI Davide Meridiana Kamen Team +0:07
3 ORTEGA MauricioRTS – Monton Racing +0:20
10 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini +3:45
38 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini +20:28
72 STACCHIOTTI Riccardo Nippo – Vini Fantini +56:42
80 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini +1:01:40
95 MARINI Nicolas Nippo – Vini Fantini +1:09:49


中根英登のコメント
クネゴの近くで走り何かあったら対応できるように、というオーダー。
最初のアタック合戦で大勢が飛び出していくときにはチェックに入る。
グロス含む逃げが完成とともに冷たい雨が降り出す。
ダミアーノのジャケットを取りに行ったついでに自分も着込む。
それだけでは足りず、もう一度チームカーに戻って防寒ジャージやグローブをほぼ全て着込む。
とにかく耐えるのみ。 今日の1級山岳の麓でようやく雨が止んで路面が乾くが、
山頂まで風が吹きさらしという別の苦しさが待っていた。
なんとかクネゴの近くで山頂を超える。
逃げに乗っていたグロスが集団に帰ってきたが、なお3人が逃げ続けている状況。
残り30kmくらいから逃げをキャッチするべく、メイン集団の牽引に入る。
3チームが牽引に加わり、6人で下り基調のルートを60km/h前後で全開ローテーション。
4分差を半分以下まで縮める。
残り15kmの微妙な上りで自分含めローテしてた選手が全員失速。
代わりに今日逃げたグロスが牽引に入る。
なんとか集団の1番後ろに引っかかり、残り10kmでもう一度集団先頭に上がって
ローテーションに加わるが、すぐに限界が来てしまって大失速。
結局3人には逃げ切られてしまい、自分は集団最後尾になんとか引っかかってゴールした。
今日も自分にとってはかなりタフなステージだった。
しっかり回復に努めて、また明日も頑張ります。


窪木一茂のコメント
スタート前のミーティングで朝方から体調が悪いを皆へ伝えて、レースをスタートした。
開始約20kmのところで集団から千切れ、粘るが力が入らず、
頭痛もするのでリタイアしてしまった。 チームメイトたちには申し訳ない。
日本にいるあいだ、10日間ほど御嶽山で高地合宿を行い、
高地に身体を順化させレースへと準備してきた、今回のツアー・オブ・チンハイレイク。
ここまでは、コンディションの上がり下がりが大きく、不安定ではあったが、
脚の調子はとても良かった。 まさか、リタイアするとは思ってもいなかった。
悔しい… 世界において他に類を見ない非常に独特なレースなので、
大会を最後まで走りきりたかった。 全ての経験を自分の成長の糧にしたい。
応援ありがとうございました。

 

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
中根英登
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
小林海 ※第4ステージでリタイア
窪木一茂 ※第7ステージでリタイア
監督:福島晋一


●レース情報
2017 Tour of Qinghai Lake(ツアー・オブ・チンハイレイク)
開催期間/2017年7月16日(日曜日)〜29日(土曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催地/中国

公式サイト  http://www.tdql.cn:8090
ツイッター  https://twitter.com/TDQL_Official
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofqinghailake/
ハッシュタグ #TDQL2017

7月16日(日)Stage 1 – Ledu › Xining (153k)
7月17日(月)Stage 2 – Xining › Xining (115k)
7月18日(火)Stage 3 – Duoba › Guide (133k)
7月19日(水)Stage 4 – Guide › Qinghai Lake (159k)
7月20日(木)Stage 5 – Qinghai Lake › Gangcha (185k)
7月21日(金)Stage 6 – Qilian › Dadongshu Hill Puerto (65k)
7月22日(土)Stage 7 – Qilian › Menyuan (169k)
7月23日(日)Stage 8 – Menyuan › Ping’an (224k)
7月24日(月)Stage 9 – Ping’an › Linxia (235k)
7月25日(火) Rest day
7月26日(水)Stage 10 – Sonmingyan › Dingxi (148k)
7月27日(木)Stage 11 – Tianshui › Pingliang (240k)
7月28日(金)Stage 12 – Yinchuan › Yinchuan (105k)
7月29日(土)Stage 13 – Zhongwei › Zhongwei (111k)