2021年情報への完全移行は2月頃になる予定です。もう少々お待ちください...

新生コンチネンタルチームがトルコ連戦でシーズンイン!

UCIコンチネンタルチーム「NIPPO・プロヴァンス・PTS」が2月6日にトルコ南部で開催された「グランプリ・アランヤ(UCIヨーロッパツアー1.2)」と続けて7日に行われた「グランプリ・ガシパシャ(UCIヨーロッパツアー1.2)」でシーズン初戦、新生チームのデビュー戦を迎えました。

どちらのレースもチームの初戦ということで、マルチェッロ・アルバジーニ監督は選手それぞれに作戦上の役割を与えず、自由に走るように指示。アップダウンが続く6日のグランプリ・アランヤでは、半数以上の選手がメイン集団から脱落するなか、チームは織田聖を含む4名の選手を残し、終盤の勝負どころでアタックに反応したポーランド人選手シュモン・トラッチが7位でフィニッシュしました。

翌日のグランプリ・ガシパシャは平坦基調のレースで集団ゴールスプリントの展開を迎え、フランス人スプリンターのジョナサン・クアノンが果敢にスプリントに挑み、8位でフィニッシュ。どちらのレースもトップ10リザルトを残すことができ、大きな手応えを得る結果となりました。シクロクロスシーズンを終えて、久しぶりのロードレース参戦となった織田聖も2戦とも大きなトラブルなく、走り終えています。

チームはしばらくトルコに滞在し、20日、21日のワンディレースにも参戦する予定です。

リザルト(Procyclingstats)
Grand Prix Alanya
https://www.procyclingstats.com/race/grand-prix-alanya/2021/result

Grand Prix Gazipasa
https://www.procyclingstats.com/race/grand-prix-gazipasa/2021/result

最新情報をチェックしよう!